この通りやれば初めてでも迷わずできる!Pebbleで時報を鳴らす方法

pebble-classic
Pebbleで時報を鳴らすには、ウォッチフェイスという、言わば文字盤を追加する必要がある。

ここでは便宜上「時報を鳴らす」と書いたけど、Pebbleにはスピーカーがないので、時報は「鳴らせない」。正確には、Pebbleのバイブレーション機能を利用し、時報を告げる。

スポンサーリンク

スマホで「Pebble Time」アプリを起動する

「Get watchfaces」をタップする


下部のタブを「Watchfaces」に切り替え(1)、続けて「Get watchfaces」をタップする(2)。

右上の検索ボタンをタップする

「Hourly vibration」で「Search」する


時報が鳴る文字盤を検索したい場合は、英語で「Hourly vibration」と入力すると、たくさんの文字盤がヒットするよ。日本語の「時報」ではゼロ件でした…。

ちなみに、Pebble Timeアプリの検索機能はインクリメンタルサーチになってるので、キーワードを1文字入力するたびに該当候補を絞り込み表示してくれる。

なので、あえてキーをタップしなくてもいいんだけど「Search」または「Done」をタップするとキーボードを隠せるよん。

気に入った文字盤をタップする


時報を鳴らせる文字盤がたーくさん出てくるので、一覧を上下にスクロールし、好みの文字盤を見つけよう。気に入った文字盤があったら、タップして詳細画面を開く。

「ADD」をタップする


右上の「ADD」をタップするだけで、この文字盤をPebbleにインストールできる。

「ADDED」になったことを確認する


右上の表示が「ADDED」に変わったら、文字盤を正しくインストールできた証拠。今度はPebbleを見てみよう。

追加した文字盤がPebbleに表示される


インストールしたばかりの文字盤が自動的にPebbleに表示されてるね!

この文字盤は「Modaine」ていう名前なんだけど、初期設定で時報が鳴るようになってる。時報を鳴らすだけならこのままPebbleを使えばいいんだけど、せっかくなので文字盤の設定画面を確認してみよう。

てことで、再びスマホを見る。

文字盤の設定ボタンをタップする


文字盤の設定画面は、スマホのPebble Timeアプリ内にある。

下部のタブを「Watchfaces」に切り替え(1)、続けて、今回インストールした文字盤の左上にある設定ボタンをタップする(2)。

文字盤のデザインをカスタマイズする


文字盤固有の設定画面が開くので、あとは好みのデザインになるまでカスタマイズしよう。

今回は、シンプルで落ち着いたデザインにしたかったので「Dial color」は「Black(No Logo)」を選択する。

秒針の動きは、カチカチという、いかにも秒針的な動きではなく、ロレックスふうのスーッとした滑らかな動きにしたかったので「Second hand option」は「Stop2Go」にする。

さらに日付を表示したかったので「Date option」は「Date」に、それぞれ変更してみた。

肝心の時報「Hourly vibration」は初期設定で「Double」になってるので、毎時00分になるとPebbleがブルッブルッと2度振動するよ。時報の種類は「Long」と「Short」と合わせ計3種類あるので、いろいろ試して楽しもう。

最後は忘れずに「Submit」をタップしてね。

すぐに好みのデザインになる


というわけで、カスタマイズは超簡単でアッという間に完了する。

この「Modaine」という文字盤は、シンプルで見やすくて飽きがこない。

実はオレ、Pebbleを買った当初は、気温とかバッテリー残量とか、とにかくたくさんの情報を表示する派だったんだけど、最近はこのシンプルなModaineにゾッコンです!

Pebbleをゲットしたら、みんなもやってみてね!時報!

スポンサーリンク

気になる記事はシェア!あとでじっくり読む!

お好きなブログリーダーで購読できます!