iPhone完全Google化計画

iPhone

iPhoneのガワでAndroidを使いたいーー。お時間のある人はお読みください。

スポンサーリンク

iPhoneの標準アプリは全削除

「全」削除は言い過ぎかもしれませんが、iPhoneの標準アプリは「ほぼすべて」削除しました。アンインストールです。

残したアプリは、設定、カメラ、App Storeぐらい。電話と連絡先は念のため残しましたが、SafariやFaceTimeなんかはサックリ行きました。どうせ使わないので。

というか、iPhoneの標準アプリって、やろうと思えばぜ〜んぶ削除できちゃうんですね。意外。

Google謹製アプリは全インストール

これまた「全」インストールは言い過ぎかもしれませんが、ふだんPixel 3aで使っているアプリはすべてインストールしました。iPhoneでGoogleのアプリが使えるなんて、イイ時代になったもんだ。

連絡先アプリはiPhoneのを使う

Googleには、iPhone向けの連絡先アプリがありません。仕方がないので、iPhone標準の連絡先アプリを使うことにしました。

iPhoneの連作先アプリに「Gmailアカウント」を設定し、「連絡先」のみオンにすれば、Googleの連絡先の情報がiPhoneの連絡先に同期され、Pixel 3aと同じように使えます。

ちなみに、メール、メモ、カレンダーも上記設定で同様のことができるんですが、iPhoneの標準アプリは好みじゃないので、Googleのアプリを使うことにしました。

ホーム画面のレイアウトは諦めた

iPhoneのホーム画面は不自由です。アイコンを並べ替え、好きなレイアウトにできません。ホーム画面のレイアウトには自分なりのホームポジションがあるんですが、仕方がないので諦めました。

iPhoneの標準キーボードは「Gborad」に置き換える

iPhoneの標準のキーボードは「Gborad」に置き換えました。こうしておけば、Pixel 3aと同じ感覚で文字を入力できます。「置き換え」なので、iPhoneの標準のキーボードは表示されません。

というか、iPhoneの標準のキーボードが置き換えられるなんて、やっぱイイ時代だわw

iPhoneの標準ブラウザは「Chrome」に置き換える

さっきも書いたように、Safariは削除しました。代わりにChromeをインストールし、標準ブラウザに設定してあります。こうしておけば、すべてのリンクはChromeで開けます。Pixel 3aと同じですね。

パスワードの自動入力はChromeの機能を使う

Pixel 3aでは、Chromeによるパスワードの自動入力機能が使えます。Webサイトでもアプリでもパスワードを自動入力できるんです。

iPhoneにもパスワードの自動入力機能はありますが、Chromeをインストールすれば、iPhoneでもChromeによるパスワード自動入力機能が使えます!もちろん、Webサイトでもアプリでも、です。使い勝手はPixel 3aと同じ。イイ時代や〜。

「nanacoモバイル」はダメ元覚悟

オレは、Pixel 3aのnanacoモバイルにリクルートカードを設定しています。この状態をiPhoneに引き継げるのか? 調べましたが、結局よく分かりませんw

nanacoモバイル×リクルートカードの組み合わせは収束方向へ向かっているため、ダメ元と思っていた方がよさそうです。

英語の歌詞動画はYouTube MusicではなくYouTubeで

オレは英語の歌詞動画が好きでよく観ています。

Pixel 3aだとYouTube Musicアプリで快適に観られるんですが、iPhoneのYouTube Musicだと、英語の歌詞動画を横向きにしたときに動画の上半分が隠れてしまい、歌詞をまともに読めません。

そこでiPhoneでは素直にYouTubeで再生します。そうすればPixel 3aと同じ感覚で観られます。

些細な違いは気にならない

iPhoneではGoogleカレンダーのアイコンの数字は今日の日付になりません。iPhoneではGmailの通知の数は数字で表示されます。ま、些細な違いがありますが、オレはどっちでも構いません。

ナゼこねくり回す?

それにしてもナゼここまでこねくり回しているんでしょうか?

それは、Apple Watchが欲しいと思ったからです。ご存知のように、Apple WatchはiPhoneでしか使えません。だから、Apple Watchを使いたいと思ったら、iPhoneに乗り換えるしかないんですね。Appleの意地悪ww

これでApple Watchを迎え入れる準備は整ったかな?

コメント

タイトルとURLをコピーしました