提携してるコンビニATMでお金を下ろす際に手数料無料なのはどの銀行かな?

sony-bank-wallet
その銀行のキャッシュカードを使って、

コンビニなどの提携ATMでお金を下ろす際に

手数料がかかるのか? かからないのか?

ザックリまとめてみたので、よかったら参考にしてねー。

スポンサーリンク

基本的に手数料が無料の銀行

かつて、多くのネット銀行はこのパターンが主流だったような記憶があるけど、今や会員ステージ制に移行するネット銀行が増えつつあり、チョイ寂しいな…。

ソニー銀行

基本は無料。一部回数制限あり

SBJ銀行

基本は無料。一部回数制限あり

ジャパンネット銀行

月1回は無料。2回目以降は3万円で無料

新生銀行

2018年10月16日(土)までは、会員ステージに関係なく無料

2018年10月17日(日)以降は、会員ステージが一番低い「スタンダード」だと有料。上位会員のゴールドかプラチナだと無料

会員ステージなどで手数料が無料になる銀行

ネット銀行は、会員ステージ制を採用するところが増えてるんだね。2018年10月からは新生銀行もここに加わる。

住信SBIネット銀行

会員ステージに応じて月2回〜15回まで無料

じぶん銀行

会員ステージに応じて月2回〜11回まで無料

イオン銀行

会員ステージに応じて月1回〜5回まで無料

楽天銀行

会員ステージに応じて月0回〜7回まで無料

三井住友銀行

一定の条件を応満たすと月3回まで無料

基本的に手数料が有料な銀行や証券会社

ゆうちょ銀行やメガバンクは、ほとんどがこのパターンですな。

みずほ銀行

基本は有料。一部無料

三菱UFJ銀行

基本は有料。一部無料

りそな銀行

基本は有料。一部無料

ゆうちょ銀行

有料

東京スター銀行

有料

SMBC日興証券

基本は有料。一部無料

大和証券

基本は有料。一部無料

結局どの銀行にする?

実はオレ、これまでは新生銀行をお財布代わりに愛用させてもらってきたんだよね。

だけど、2018年10月17日(日)からは、新生銀行のルールが変わり、同行の会員ステージが「スタンダード」の人、つまり、同行のお得意様じゃない人は、コンビニなどの提携ATMでお金を下ろす際の手数料が有料になっちゃうのよ。

そこで目をつけたのが、基本的にコンビニATM手数料が無料のソニー銀行とSBJ銀行の2行なわけ。

お財布代わりに使うなら、どっちがいいんだろう?

ちなみに赤い文字で書いてあるのは、各銀行の特徴でーす。

ソニー銀行

セブン銀行ATM→何度でも無料
イオン銀行ATM→何度でも無料

E-net*
ローソンATM*
ゆうちょ銀行ATM*
三菱UFJ銀行ATM*
三井住友銀行ATM*

これら(=*)の合計利用回数が月4回までは無料

SBJ銀行

セブン銀行ATM→何度でも無料
イオン銀行ATM→何度でも無料

E-net→月10回まで無料

ゆうちょ銀行ATM**
みずほ銀行ATM**

これら(=**)の合計利用回数が月3回までは無料

オレはとりあえずソニー銀行へ!

ご覧の通り「セブン-イレブンやイオンでお金を下ろせればじゅうぶん」という人は、ソニー銀行とSBJ銀行のどちらを選んでも大差はない。ゆうちょ銀行もそんなに変わらないね。

一方、E-netのATM、つまりファミマなどで何度もお金を下ろしたい人は、無料回数が多いSBJ銀行を選んだ方がよさげだね。

お金はあんまり下ろさないけど、いざというときのためにローソンやメガバンクでお金を下ろせるようにしておきたい人は、ソニー銀行を選んだ方が安心かも知れない。

オレの場合は、ローソンやUFJ銀行なんかでもお金を下ろすことがありそうなので、お財布代わりに使う銀行は、これまでの新生銀行からソニー銀行に乗り換えるつもりでーす。

ちなみに、このブログではソニー銀行の紹介プログラムをやってます。

【ひっそりと告知】改善?改悪?ソニー銀行の紹介プログラムはいかが?

よかったらこの機会にご活用下さい!ww

スポンサーリンク

気になる記事はシェア!あとでじっくり読む!

お好きなブログリーダーで購読できます!