公式サイトにすら載ってないdカードの解約方法

good-bye

スポンサーリンク

解約窓口を確認する


dカード公式サイトを見ても「解約したければ、とにかく電話しろ」的なことしか書いてない。仕方がないので、おとなしく解約専用窓口「dカード解約受付デスク」に電話しよう。

dカード解約受付デスクに電話をかける

dカード解約受付デスク

フリーダイヤル 0120-227-360

受付時間 午前10時00分~午後6時00分
休業日 土日祝日・年末年始

電話がつながったら、以下の要領で手続きを進めてね。

「1」(本会員カードの解約)をプッシュする。

「1」(dカードが手元にある)をプッシュする。

オペレーターが電話口に出る。

本人確認のために以下の項目を訊かれるので、正しく答えよう。

  • dカードの16桁の番号
  • dカード名義人の氏名
  • 同じく登録してある住所
  • dカードの有効期限
  • dカード名義人の生年月日
  • dカード名義人の登録電話番号

実は解約「方法」は電話と郵送の2種類から選べる

本人確認が済んだら、口頭で解約方法を選択しよう。

実は、dカードの解約「方法」は「電話」と「郵送」の2種類から選べるんだよね。このことは公式サイトにすら書いてないけど、事実なのでご安心を。

となると、

急いで解約したい→電話で解約する。

あまり急がない→郵送で解約する。

的な使い分けになるね。

電話で急いで解約する場合

オペレーターが注意事項をいくつか読み上げるので、これらを聴こう。その後、手元のdカードを破棄すれば、解約手続きはその場で完了する。

郵送でゆっくり解約する場合

解約書類を取り寄せると、届くまでに約1週間かかる。さらに書類の返送にも日数がかかるので、書類での解約は、本当に時間に余裕がある場合にのみオススメします。

てことで、モノ好きなオレは迷わずw 解約書類を取り寄せてみた。

解約書類が届いたら同封物を確認する


2016年12月6日(火)に解約書類を請求し、3営業日後の9日(金)に受け取った。書類の取り寄せに約1週間かかると言われてたので、思いの外、早く感じる。

「書類送付のご案内」に目を通す


特に面白いことは書いてない。つーか、いくら何でも、同封物の目録ぐらいは書こうよ。

「dカード退会届」にもれなく記入する


単に退会する場合は「新しいご住所」と「紛失日」は書く必要はない。逆に言うと、それ以外の欄はすべて記入する必要がある。なお押印は必要ない。

書き方が分からなければウラを見る

記入後の退会届を返信用封筒に入れ、郵便ポストに投函する


同封の返信用封筒は着払いなので、切手を貼る必要はない。また、退会するdカードを同封する必要もない。間違えてdカードを送り返さないように注意してね。

封筒は最初からノリが付いてる親切なタイプ


封をする部分には、初めからシールタイプのノリが付いてるので、スティック糊などで封をする必要はない。これは地味に嬉しい。

…と思ったら、実は期待が外れた。

残念ながら、封の裏全面にしっかりと糊が付くタイプではないので、封の端っ子は、自力で糊を付けた方が無難かもしれない。万が一、郵送途中で封が開くとマズイしね。

ここまで来たら、後はポストに投函するだけ。

利用明細が見られなくなるのは約6日後


電話による解約と違って、郵送による解約の場合は、正確にいつ解約となったのかは分からない。

dカードがちゃんと解約されたかどうかを確認するには、試しにdカードの会員ページにログインしてみよう。で、上の画像のような「dアカウントご利用登録」という画面が表示されたら、dカードはすでに解約されてると理解してよい。

ちなみにdカードの会員ページは、解約書類をポストに投函してから4〜5日間は、それまでと同じように、利用明細なんかを閲覧できたよ。利用明細を閲覧できなくなったのは、解約書類の投函から6日後の2016年12月16日(金)だった。

郵送による解約のタイムライン

2016年12月6日(火)解約書類を電話で取り寄せる
2016年12月9日(金)解約書類を郵便で受け取る
2016年12月10日(土)記入後の解約書類をポストに投函する
2016年12月16日(金)会員ページにログインできなくなる

郵送による解約は、約2週間かかると思っていいね!

スポンサーリンク

気になる記事はシェア!あとでじっくり読む!

お好きなブログリーダーで購読できます!