いい年したオサーンが今さら上の親知らずを抜いてきたので9個の気付きをまとめとく

teeth-brushing
生まれて初めて親知らずを抜いた。

具体的に言うと、左上の一番奥の8番の歯。今回抜いたのはこの1本だけ。

抜いた理由はまともに機能しないから

親知らずを抜く理由は人それぞれだけど、オレの場合は噛み合わせを改善し、歯全体を長持ちさせるために抜いた。

今回抜いた親知らずは、頬の側に傾斜して八の字に生えてたため、噛み合わせの際に左下の7番の歯を地味にツンツンし、結果として歯全体に悪影響を及ぼしてきた。

加えて、歯のサイズは臼歯の半分程度と小さく、下の親知らずとまともに噛み合わない。噛み合わないので、虫歯にもなりかけてた、などなど。

つまり、この親知らずは、まともに機能しない歯だったんだよね。

抜くメリットとデメリット、抜かないメリットとデメリットを先生と相談しつつ、自分でも比較検討した末に、思い切って抜くことにした。

スポンサーリンク

親知らずを抜く前の気付き

予約は朝イチか午後イチに入れる

抜歯の予約を取る際は、なるべく食後すぐの時間帯がいい。例えば、朝一とか午後一番とか。

お腹が空いてる時に抜歯すると、抜歯してもすぐには食事ができないので、とてもツライことになる。今のオレみたいに^^;

抜歯の痛みに耐え、さらに空腹にも耐えるのなんてまっぴらごめんという人は、

抜歯の予約は朝イチか午後イチ。

を実践しよう。

前の晩から抗生物質を飲む

先生は慎重な方で、術前処方を勧めてくれた。つまり、術後、細菌に感染しにくくするために、抜歯前日の晩から抗生物質を飲んで下さいということだ。

術前処方の抗生物質「トミロン」は、1日3回×4日分=計12錠で630円だった。

抜歯当日は歩いたり自転車で通院しない

抜歯後に身体を動かすと、血が止まりにくい。

徒歩や自転車は、身体を動かさざるを得ないので、やめた方がいい。

抜歯の際は麻酔も打つので、クルマやバイクみたいに、自分で運転する乗り物もパスした方が無難。

抜歯に行く際は、電車やバス、タクシーのような公共交通機関のみを利用した方が安心だよ。

親知らずを抜いてる最中の気付き

ホラー映画のような抜き方

麻酔をかけた後に、ペンチみたいなツールでグイグイ行きますw

他の歯医者はどうなのか知らないけど、抜き方を知ってれば抜歯の恐怖は半減…しないかw

痛くない

途中「ミシッ」という音が聞こえた時はちょっと引いたけど、追加の麻酔を打ってもらったら痛みは感じなくなり、知らないうちに抜歯が済んでてビックリした。

麻酔は人による

オレの場合は、いきなり注射タイプの麻酔を打たれた。上手な先生なので、注射じたいは痛くはなかったけどね。

ネットでみんなの体験談を読むと、まず貼るタイプの麻酔をしてから、それが効いてきた頃に注射タイプの麻酔を打つ、みたいな流れが一般的みたいだけど、オレの場合はなぜか、貼るタイプの麻酔は使ってもらえなかった。痛みの耐性が強いとでも思われたのかね?

親知らずを抜いた後の気付き

抜いた歯はお持ち帰り〜w

抜歯にかかった時間は、2針抜ったの込みで約20分。

オレは先生に「抜いた歯、持って帰っていいですか?」と訊いたら、先生は「構いませんよ。いますから、そういう患者さんも、たま〜にね。記念でって」と苦笑してた。

抜いた歯を持ち帰るのは、もちろん無料ですw

本当は、この記事のトップの画像は、今回抜いた親知らずにしようと思ったんだけど、ふと我に返ってやめましたw

とにかく血の味がする

オレは午後2時に抜歯。午後6時を過ぎてもまだまだ血の味が続いてる。

先生は、ガーゼのような小さな詰め物を3個くれた。「血が止まらない場合はこれを、親知らずのあった場所で20分噛んで捨て、新しいのに交換してね」と。それでも血が止まらない場合は、ティッシュペーパーを小さく丸めて噛めばいいそうです。そうします。

血は、翌日朝にようやく止まった。また、オレの場合は、痛み止めはまったく飲まずに済んだ。

血の味がまったく気にならなくなるまで、約2週間かかった。それでも、歯ブラシが患部に当たると、ウッってなるし、いまだに血が滲む。

結局、流血が気にならなくなったのは、約3週間後だった。

総費用は2850円

親知らずの抜歯の費用は、3割負担で1本1730円。

痛み止めの「ロキソプロフェンNa錠 60mg 日医工」は、1日3回×3日分=計9錠で490円。

術前処方のトミロンと合計すると、かかった費用は2850円。

歯を治すのは1本何万円、場合によっては何十万円もかかるのに、歯を抜くのってこんなに安いんだな…。

次回は、親知らずを抜いた跡地w の抜糸なんだけど、実は今度は「右上」の親知らずの抜歯も待ってるんだよね〜。今年は大変だわ…。

スポンサーリンク

気になる記事はシェア!あとでじっくり読む!

お好きなブログリーダーで購読できます!