ソフトバンクの解約・MNP転出コストを最安にする方法を死ぬ気で考えてみた

smells-bad
オレは今、ソフトバンクのiPhone 6 Plusを契約してるんだけど、まもなく契約の更新月というか更新期間を迎える。

具体的には、2016年10月21日(金)〜同12月20日(火)までが更新期間なんだよね。

オレの場合は、ソフトバンクの請求の締め日が毎月20日。なので、月初に相当する21日に解約すれば日割りなんかがあって安上がりなんだろうな。

けど、もっともっと安くする方法はないものか? いつものようにw セコセコ計算してみた。

スポンサーリンク

各種割引は解約した瞬間に消滅する

オレが毎月受けてる割引は以下の4種類。

  • のりかえ下取りプログラム -1035円
  • のりかえ割 基本料無料特典 -934円
  • 月月割 -2930円
  • スマホBB割 割引特典 -1410円

こうした割引は、回線を解約したり、パケットサービス変更したりすると、その月から適用されなくなるのが基本。唯一、スマホBB割だけは解約月も適用されるけどな。

念のため、ソフトバンクのルールは以下のようになってる。

のりかえ下取りプログラムは解約月は適用されない


適用条件には「パケットし放題フラットへ加入すること」とあるけど、ソフトバンクに確認したところ、実は「加入し続けること」と読み替えるんだとさ。え? 後出しジャンケン?

例えば、下限の料金が安い2段階制パケットサービスに変更すると、のりかえ下取りプログラムは自動的に適用されなくなる。

[のりかえ下取りプログラム]どのようなキャンペーンですか?

のりかえ割は解約月は適用されない

「のりかえ割」提供条件書 2014年9月19日(金)~2014年11月30日(日)

月月割は解約月は適用されない

月月割とは

スマホBB割は解約月も適用される

オレの場合は、ホワイトBBは2016年10月17日(月)に解約済み。なので、今回は関係ないんだけど、参考までにメモしとく。スマホBB割の1410円は10月分の料金から割り引かれる。

ムダなコストは1銭もかけたくない人のためのホワイトBBの解約方法

ちょっとの工夫で約4000円の節約に!

以上の内容を踏まえ、更新期間の初日である10月21日に、iPhone 6 Plusを解約する場合の11月分の料金を算出してみた。

今のまま解約すると約6000円かかる…けど

  • パケットし放題フラット for 4G LTE(満額)5700円
  • ユニバーサルサービス料(満額)3円
  • ホワイトプラン(日割り)30円
  • S!ベーシックパック(i)(日割り)10円

今の契約内容のままで更新期間の初日に解約する場合のコストは5743円

2段階制パケットに変更すれば約2000円で済む!

オレが契約してるiPhone 6 Plusの場合は、パケットサービスとS!ベーシックパック(i)は外せないルールになってるんだとさ。は?

仕方がないので、フラット制のパケットサービスから、下限の料金が安い2段階制パケットサービスに変更してみた。たったこれだけの工夫で、解約月の料金は格段に安くなる。

  • パケットし放題 for 4G(満額)2000円〜
  • ユニバーサルサービス料(満額)3円
  • ホワイトプラン(日割り)30円
  • S!ベーシックパック(i)(日割り)10円

パケットサービスを変更してから更新期間の初日に解約する場合のコストは2043円

念のため解約日の10月21日は、iPhone 6 Plusの設定画面で、パケット通信をオフにしとけば完璧だな。

締め日までにパケットサービス変更予約をしよう

解約日である10月21日の、たった1日だけで約2000円も払うのは納得が行かないという気もするけど、ま、仕方ないかな?

なお、2段階制パケットサービスへの変更予約手続きじたいは、11月初日にあたる10月21日ではなく、10月末日にあたる10月20日までに行なう必要があるので注意してね。

10月20日までに変更予約手続きをしておけば、11月初日で解約日でもある10月21日から自動的に2段階制パケットサービスに切り替わる。

後は、10月21日になったら解約するなり、MNP転出するなりご自由にどうぞ、という感じ。

余計なコストを少しでも削りたい人は参考にしてね!

スポンサーリンク

気になる記事はシェアしたり、あとでじっくり読めます!

当ブログの更新情報をいち早くキャッチできます!

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です