このブログのPHPをアップデートしてバージョン7.3にしてみた

ブログ運営

以前、このブログの健康診断を行ないました。

ひっそりデビューしていたWordPressの健康診断をやってみた

その結果、以下のような指摘を受けてしまいました。

スポンサーリンク

いま使っているPHPは古い…

PHPは「PHP: Hypertext Preprocessor」の略で、Web開発に適した汎用プログラミング言語なんですね。このブログが使っているPHPのバージョンは「7.2.27」なんですが、どうやらこれだと古いということのようです。フム。「サイトが古いバージョンのPHP(7.2.27)を実行しています」を押して詳細を確認してみましょう。

どうすればいいか確認する

すると、より詳しい説明を表示できます。それによるとどうやらPHPのバージョンをアップデートすればいいようです。それにより、ブログのパフォーマンスとセキュリティの向上が期待できるんですね。でも具体的にどうすればいいのか? よく分からないので「PHPの更新についてさらに詳しく」を押してみます。

公式サイトの手順に沿って作業する

すると、WordPress.org公式サイトの日本語サポートページが開きます。このページに書いてある手順に沿って作業してみましょう。

PHP バージョンの更新_ WordPress.org 日本語

ブログデータをバックアップする

アップデート作業をする前に、まずはこのブログのデータをバックアップします。全部で4種類あります。

まず「FileZilla」をいうMac向けアプリを使って、以下の3種類のフォルダをまるごとバックアップしました。

  • wp-content>pluginsフォルダ内のファイルすべて
  • wp-content>themesフォルダ内のファイルすべて
  • wp-content>uploadsフォルダ内のファイルすべて

続いて、SQLデータベースの内容をバックアップします。このブログがお世話になっている「ネットオウル」という会社の「スターサーバー」のマイページにログインします。その後マイページからさらに「phpmyadmin」にログインし、このブログのSQLデータベースをエクスポートしてMacに保存しました。Macに保存する際のファイル名は、先頭に日付を追加して「2020_04_19_****_wp1.sql」のようにしておきました。

ブログデータのバックアップはこれでおしまいです。

サーバーが最新のPHPに対応しているか確認する

そもそもこのブログを運営しているサーバーは最新の「PHP バージョン 7.3」に対応しているんでしょうか? このブログはネットオウルのスターサーバーで運営しています。ネットオウルの公式サイトによると、スターサーバーはすでにPHP 7.3に対応しているようです。

テーマやプラグインの互換性を確認する

念のため、このブログで使っているテーマやプラグインは最新のPHPでもちゃんと動作するのか? PHPをアップデートする前にしっかり確認しておいた方が安心できます。テーマやプラグインの互換性はどうやら「PHP Compatibility Checker」というWordPress向けのプラグインを使って確認するのがよさそうです。

互換性確認用プラグインをインストールする

互換性確認用プラグインを有効にする

「スキャンを開始」する

「サイトをスキャン」する

「PHPのバージョン」を「PHP 7.3」にしてから「サイトをスキャン」を押します。

しばし待つ

このブログの場合は5分ちょっとかかりました。

スキャン結果を確認する

今回は「Revive Old Posts」というプラグインのみが「エラー」になりました。また、このブログが使っている「Cocoon」というテーマは「警告」になりました。

エラー内容を確認する

「Revive Old Posts」のエラー内容を開いてみると、Facebook絡みの何かが問題になっているようだということが分かります。

スキャン結果をダウンロードする

念のためスキャン結果をテキストファイルでダウンロードしておきます。

すべてのスキャン結果を確認する

すると「report.txt」というテキストファイルがMacにダウンロードされます。このテキストファイルを開いて「Cocoon」に対する警告内容も確認してみました。どうやら致命的なエラーはなさそうです。このまま作業を進めることにしました。

エラーになったプラグインは「停止」する

「Revive Old Posts」は互換性チェックでエラーになりました。「プラグイン」の管理画面を手動で開いて「Revive Old Posts」を「停止」しておきましょう。

エラーになったプラグインを「停止」できた

互換性確認用プラグインを「停止」する

また、互換性チェックに使った「PHP Compatibility Checker」自体も「停止」します。

互換性確認用プラグインを「削除」する

念のため「PHP Compatibility Checker」は削除しておきます。

「OK」を押す

互換性確認用プラグインを削除できた

これでようやくPHPをアップデートする準備はすべて整いました!

PHP 7.3にアップデートする

いよいよPHPをアップデートします。PHPのアップデートはレンタルサーバーで行ないます。今回はネットオウルの「スターサーバー管理ツール」にログインしてPHPをアップデートします。

「PHPバージョン設定」を押す

スターサーバーにログインしたら、左側のメニューの中にある「PHPバージョン設定」を押します。

対象ドメイン名を「選択」する

画面が変わったら、PHPのバージョンをアップデートするドメイン名を「選択」します。

現在のPHPのバージョンを確認する

今回アップデートするドメイン名のバージョンは「PHP 7.2.27」となっています。

「PHPバージョン(確認)」を押す

「設定」のリストの中から「PHP 7.3.14(推奨)」を選択し「PHPバージョン(確認)」を押します。

「PHPバージョン設定(確定)」を押す

「変更後のバージョン」が「PHP 7.3.14」になっていることを確認してから「PHPバージョン設定(確定)」を押します。

変更後のバージョンを確認する

「変更後のバージョン」が「PHP 7.3.14」になっていれば、PHP 7.3へのアップデートは成功です。

ブログがちゃんと動くか確認する

最後にこのブログを表示・編集したり、WordPressのダッシュボードにログインしたりして不具合がないか確認します。今のところとくに問題はないようです。事前の互換性確認で警告が出ていたCocoonも問題なく動いています。

エラーになったプラグインも実はセーフ?

その後、PHPの互換性チェックでエラーになった「Revive Old Posts」というプラグインについて、WordPress.org内のサポートフォーラムを調べてみました。

すると、同プラグインの作者グループのメンバーであるUriahs Victorさんがコメントを書き込んでいました。それによると「Revive Old Posts」はPHP 7.3でもとくに問題なく動いているとのこと。詳細は分かりませんが、どうやらFacebookのAPIラッパーが関係しているようです。このブログはFacebookへの自動投稿は使っていません。もしかしたらちゃんと動くかも?

PHP 7.3 Compatibility _ WordPress.org

そこで実際に「Revive Old Posts バージョン 8.5.6」を有効にして使ってみましたが、今のところPHP 7.3で問題なく動いていますよ!

これでスッキリしました(^ ^)

コメント

タイトルとURLをコピーしました