Mac→Winユーザー辞書移行

ドクターの記憶が確かならば、そのヤリ方は前にも処方したハズ!なんだけど、探せど探せど、どこに書いたか診つかんない!ので、あらためて処方する次第。この方法スクリプトとかで自動化できればイイんだけども……。ヤリ方はかなり原始的なので。


MacではTigerに付いてる「ことえり4」を、WinではXPの「MS IMEスタンダード2002」を利用した場合のヤリ方です。
●Macでの作業
1:ことえりのユーザ辞書を書き出す
「ことえり単語登録」→「辞書」メニュー→「テキストに書き出す」→「Shift-JIS」を選択→「保存」。
書き出した「ユーサ?辞書.txt」は強制的にカンマ区切りテキストになる。
2:タブ区切りになおす
書き出した「ユーサ?辞書.txt」を「エクセル」で読み込み、あらためてタブ区切りテキストとして書き出す(Winで読み込めるよーにするため)。
3:文末コードなどを整える
保存したタブ区切りテキストを「mi」などのエディターで開き、「普通名詞」を「名詞」に置き換え、さらに文末コードを「CR+LF」に変更して保存する。
4:Winに転送する
できたファイルをお好きな方法でWinに転送する。
●Winでの作業
5:ユーザー辞書に読み込む
「言語バー」→「ツール」→「ツール」→「テキストファイルからの登録」。
Winに持ってきたタブ区切りテキストを「言語バー」の「辞書ツール」でユーザー辞書に読み込む。
6:結果を確認する
適当な場所に文字を入力し、期待どおりの変換結果が得られるかを確認する。
これで完成なのだ!

スポンサーリンク

気になる記事はシェア!あとでじっくり読む!

お好きなブログリーダーで購読できます!