思い立ったらいつでもネットだけでサクッとできちゃうオリックス銀行の解約方法


オリックス銀行の「eダイレクト預金」の「普通預金」の解約方法は以下の通りだよ。

スポンサーリンク

eダイレクト預金の解約はネットだけで完結する


オリックス銀行の「よくあるご質問」によると、eダイレクト預金の普通預金の解約は、インターネットのみで行なえる。手軽でいいね!

公式サイトの「預金」をクリックする


オリックス銀行のトップページを開き、左下の「預金」をクリックしよう。

「ログイン」ボタンは同じくトップページの右上にもあるんだけど、実は左下の「預金」からの方がちょっとだけスムーズにログインできるよ〜。

口座番号とパスワードを入力し「ログイン」する


「eダイレクト預金」にチェックが付いてることを確認し、口座番号とパスワードを入力したら「ログイン」をクリックする。

「お客さま専用ページトップへ」をクリックする


オレの場合はなぜかこんな画面が表示された…。気にせずw「お客さま専用ページトップへ」をクリックしよう。

「解約手続き」をクリックする


「お客さま専用ページトップ」が表示されたら、左側にある「解約手続き」をクリックする。

オレの場合は、残高は一切ございませんw

「解約」をクリックする


「解約手続き」画面に切り替わり、定期預金と普通預金口座の2種類が表示されるので「普通預金口座 解約」の方をクリックする。

振込先を指定し「入力内容を確認する」


「解約精算金振込先口座」は全員必須ね。オリックス銀行の口座に残高があろうがなかろうが、オリックス銀行以外の金融機関の口座を指定する必要があるよ。

「振込先金融機関名」と「振込先支店名」は、それぞれ右隣の「検索」をクリックし、後述のような方法で選択してね。

「振込先口座番号」のみ、自分で入力する。

「解約理由入力」とある欄は、プルダウンリストの中から、本当の理由に一番近そうなものを選択すればオーケー。

最後に「入力内容を確認する」をクリックする。

振込先の金融機関は「検索」から探す

支店も「検索」から探す

最後に「確認番号」を入力し「口座を解約する」と…


今回の例では「確認番号」の1桁目は、手元の「お客様カード」の「9」の下に書いてある数字を、2桁目は同じく「14」の下に書いてある数字、といった具合に4桁すべて入力しよう。

「確認番号」は「お客様カード」で確認する

解約受け付けが完了する

すぐに解約受付完了メールが届く

しばらくして解約完了メールが届く


オレの場合は、夜を挟んで約14時間後にこのメールが届いた。営業時間中だったら、もっと早かったのかも知れないね。

「お客様カード」の処分方法を確認する


オリックス銀行のeダイレクト預金て、通帳やトークンはおろか、キャッシュカードすら存在しない。手元にあるのは「eダイレクト預金お客様カード」1枚のみなんだよね。

「よくあるご質問」によると、この「お客様カード」を返却する必要はない。自分で捨てればいい。シンプルだな。

「お客様カード」は自分で捨てる


どうやって破棄するかまでは明記されてないけど、念のためオレはハサミで2つに裁断してから捨てといた。

ちなみに、口座解約後1カ月間は引き続きオリックス銀行にログインできる。超心配性な人は、解約後1カ月が経過してからお客様カードを破棄しよう。

ログインアカウントを削除する


アプリなどでログインアカウントを管理してる人は、これも削除しとこう。

ログインアカウントも、お客様カードと同様。最後の最後まで何があるか分からない。超心配性な人は、解約後1カ月が経過してからログインアカウントを削除した方がいいかも知れない。

ちなみにオレは最近はオリックス銀行をほとんど使ってなかったので、お客様カードもログインアカウントも口座解約直後に捨てたけどねw

これまでリアル銀行やネット銀行など、さまざまな口座を解約してきたけど、オリックス銀行のeダイレクト預金の解約が一番簡単だったわ!

スポンサーリンク

気になる記事はシェア!あとでじっくり読む!

お好きなブログリーダーで購読できます!