結局ENEOSでんきに乗り換えて電気料金は安くなったのか確かめてみた

eneos-denki-icon
ENEOSでんきに乗り換えたのはいいけど、果たして本当に電気料金は安くなったのか?

月ごとの電気料金を比べてみた。

項目の見方

  • 電力会社名
  • 使用日数(日)
  • 使用量(kWh)
  • 請求金額(円)

なお、異なる電力会社で請求金額が前年よりも安くなった場合は、赤い数字にしてある。なので、最新の請求金額がすべて赤い数字になってるのが理想だな。

スポンサーリンク

1月

2014年

TEPCO
32日
498kWh
1万4296円

2015年

TEPCO
32日
445kWh
1万3547円

2016年

TEPCO
33日
414kWh
1万1187円

2017年

ENEOSでんき
31日
385.5kWh
8687円

2月

2014年

TEPCO
31日
449kWh
1万2821円

2015年

TEPCO
31日
453kWh
1万3911円

2016年

TEPCO
30日
413kWh
1万1062円

2017年

ENEOSでんき
31日
435.4kWh
1万4円

3月

2014年

TEPCO
28日
348kWh
9795円

2015年

TEPCO
28日
305kWh
9078円

2016年

TEPCO
29日
365kWh
9519円

2017年

ENEOSでんき
28日
366.6kWh
8504円

4月

2014年

TEPCO
30日
172kWh
4867円

2015年

TEPCO
31日
201kWh
5949円

2016年

TEPCO
32日
213kWh
5327円

5月

2014年

TEPCO
33日
148kWh
4418円

2015年

TEPCO
32日
150kWh
4465円

2016年

ENEOSでんき
31日
127kWh
1357円

6月

2014年

TEPCO
28日
117kWh
3535円

2015年

TEPCO
29日
120kWh
3469円

2016年

ENEOSでんき
29日
120kWh
3114円

7月

2014年

TEPCO
30日
135kWh
4035円

2015年

TEPCO
29日
129kWh
3589円

2016年

ENEOSでんき
32日
153.9kWh
3781円

8月

2014年

TEPCO
33日
257kWh
7595円

2015年

TEPCO
33日
324kWh
8778円

2016年

ENEOSでんき
27日
171.8kWh
4087円

9月

2014年

TEPCO
29日
172kWh
5086円

2015年

TEPCO
29日
143kWh
3763円

2016年

ENEOSでんき
31日
118.5kWh
2961円

10月

2014年

TEPCO
30日
132kWh
3894円

2015年

TEPCO
33日
131kWh
3438円

2016年

ENEOSでんき
31日
119.6kWh
2978円

11月

2014年

TEPCO
31日
168kWh
4926円

2015年

TEPCO
29日
127kWh
3352円

2016年

ENEOSでんき
31日
192.7kWh
4482円

12月

2014年

TEPCO
29日
283kWh
8240円

2015年

TEPCO
29日
278kWh
7261円

2016年

ENEOSでんき
30日
315.8kWh
7083円

電力会社の乗り換えは即効性あり?

この記事を書いてる時点では、まだ5月と6月の2カ月分しか請求金額が判明してない。

だけど、いずれの請求金額もTEPCOのときよりは安くなってるので、今のところは、

電力会社を乗り換えた効果はあった。

と判断していいんじゃないかな?

その後、8カ月ほどENEOSでんきで生活してみたけど、うち6カ月はこれまでで一番でんき料金が安かったよ。

もちろん気候の影響などもあり、一概に「ENEOSでんきは安い」と断言できないけど、少なくともオレのところでは、ENEOSでんきに乗り換えて安くなったと言っていいんじゃないかと。

スポンサーリンク

気になる記事はシェアしたり、あとでじっくり読めます!

当ブログの更新情報をいち早くキャッチできます!

コメント

  1. ●● より:

    yashimac 様

    お世話になっております。
    ●●●●●●●の●●と申します。
    突然のご連絡、誠に申し訳ございません。

    弊社は学研プラス発行の「GetNavi(毎月24日発売)」の編集を受託しております
    編集プロダクションです。

    この度弊誌にて電力自由化に関する企画を行うこととなり、そのなかのコーナーについて、電力会社を切り替えた契約者さまにメールによるアンケートをお願いしております。

    そこで「ENEOSでんき」に変えられた貴殿にぜひこのコーナーにご協力いただきたく、ご連絡させていただきました。

    つきましては、恐れ入りますが、まずは●●まで、
    ご協力の可否についてメールでご連絡頂けますでしょうか。
    アンケートやご依頼内容の詳細についてご連絡させていただきます。

    大変急なスケジュールで誠に恐れ入りますが、9/5(月)までにご連絡いただけますと幸いです。

    ご多忙のところ申し訳ございません。
    何卒よろしくお願いいたします。

    有限会社●●●●●●●●●●
    ●●

    • yashimac より:

      ●●さま

      このたびはアンケートのお誘いを賜り、誠にありがとうございます。
      後ほど折り返しメールでご連絡差し上げますので
      今しばらくお待ち下さい。
      引き続きよろしくお願い致します。

    • yashimac より:

      その後、印刷所に入稿する直前の段階で、ENEOSでんきの運営元であるJXエネルギーからの要望があり、GetNavi掲載の件はボツになりました。

      その理由は「電力の使用量が低い家庭はサンプルとして適さない。そうしたデータは雑誌に掲載しないで欲しい」とのことです。

      個人的には、私のように電力使用量が少ない家庭でも、ENEOSでんきは料金面でのメリットがあると実感していますが、今回はどうしようもありません。

      雑誌掲載を楽しみにして下さった方はいないとは思いますが、少しでも気にして下さった方がいらっしゃったとしたら、本当にすみませんm(_ _)m

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です