「藤」や「辻」の外字・異体字をMacで表示・入力する方法

Macintosh

外字や異体字を使うことになったら下記の手順をお試しください。1ステップずつ書いてありますが、作業自体はカンタンですよ。

スポンサーリンク

外字・異体字を使う準備をする

準備は、新たな外字・異体字を使いたくなったときに行なえばオーケー。管理者権限も不要です。

グリフウィキを開く

まず「グリフウィキ」というサイトを開きます。グリフウィキは、明朝体の字形「漢字グリフ」を登録・管理し、みんなで自由に共有することを目的としたウィキです。素晴らしい!

元の漢字を検索する

続いて、外字・異体字の元となる漢字を検索しましょう。左端の検索欄に、元となる漢字を入力し、「検索」を押します。

今回は「藤」の外字・異体字を探しているので、一般的な「藤」を検索します。

外字・異体字を目で探す

すると「藤」のページが表示されます。外字・異体字は同ページ内の「関連グリフ」欄に掲載されています。ページをスクロールし、お目当ての漢字を目視で見つけましょう。

お目当ての外字・異体字を押す

お目当ての漢字を見つけたら、その漢字を押します。

「1文字フォント」を押す

すると、お目当ての外字・異体字のページが開きます。その漢字でよければ、右上部にある「1文字フォント」を押し、この外字・異体字をダウンロードします。

外字・異体字をダブルクリックする

外字・異体字がダウンロードされたら、ダブルクリックしてください。ちなみに、左隣の「一」は気にしなくて大丈夫です。

「フォントをインストール」を押す

すると、このような画面が出るので、右下の「フォントをインストール」を押します。「?」がたくさん表示されていますが、気にしなくて大丈夫です。

ちなみにこの画面は、Macに初めから入っている「Font Book」というアプリの画面です。

外字・異体字をインストールできた

外字・異体字がインストールされると、このような画面になります。インストールした外字・異体字は「ユーザ」に追加されます。「?」は気にしないでください。

フォント名に注目

ここに表示されるフォント名は後述の手順で必要になるので覚えていてくださいね。

外字・異体字を使ってみよう

準備ができたら、実際に外字・異体字を使ってみましょう。今回はMacの「Pages」アプリを使います。

「げた」と入力する

Macの「Pages」アプリで任意の文書を開き、「げた」と入力します。グリフウィキの外字・異体字はすべて「げた」というよみがなで作られているためです。

「げた」を変換する

キーボードのスペースキーを1度だけ押し、「げた」を変換します。すると「〓」が変換中の状態になります。このままの状態で、右側の「フォント」のリスト部分を押してください。

外字・異体字に切り替える

すると、Macに入っているフォントの一覧が開くので、先ほどインストールした外字・異体字のフォント名を選択します。

グリフウィキからダウンロードし、インストールしたフォントは、アルファベットの「u」から始まるので、フォント一覧の下の方へスクロールするといいですよ。

フォント名を忘れたら…

フォント名を忘れたときは、いったん「Font Book」アプリに切り替え、左メニューの「ユーザ」を開くと、外字・異体字のフォント名を確認できます。

外字・異体字を表示・入力できた!

お目当ての外字・異体字が表示されました!最後に変換を確定すれば一丁あがりです。

外字・異体字がいくつあってもオーケー

1つの文書の中に複数の外字・異体字が混在する場合は、1文字ずつフォントを切り替えることで、異なる外字・異体字を表示できます。

ちなみに、Macの「TextEdit」アプリでも試してみたのですが、1文字ずつフォントを変えられないため、うまくいきませんでした。

いつでもカンタンに削除できる

不要になった外字・異体字は「Font Book」アプリでいつでも削除できます。

該当の外字・異体字を選択し、右クリック→「●●●ファミリーを削除」→「削除」で完了です。

フォントの保存場所を知りたいときは…

上記手順で「Finderに表示」を選択すると、外字・異体字をインストールしたユーザのフォントフォルダを開けます。

「げた」のフォントを切り替える際に、外字・異体字を目視で確認できない点を除けば、ベストな方法だと思います。外字・異体字って、知れば知るほど奥が深いですね!

コメント

タイトルとURLをコピーしました