スマホやケータイ、普通の電話に無料でかけられる2大サービスを比較してみた

double-zero

LINE Out Freeが、スマホやケータイ、固定電話に無料で発信できるようになったんだね。

無料で固定電話や携帯電話と通話!「LINE Out Free」が登場

長年愛用中のViber Outと、どう使い分けたらいいのか? よく分からないので、両サービスを比べてみた。

スポンサーリンク

話が長くなりそうなときはViberの方が安心

LINE Out Free

スマホやケータイへの無料通話は最大1分まで、固定電話への無料通話は3分まで連続して行なえる。

相談事はムリだけど、業務連絡とかお店の予約、営業時間の確認なんかには使えそう。

Viber Out

1回の通話は最大10分まで連続して行なえる。クレジットカードの解約とか、やや込み入った話なんかもちゃんとこなせるよ。

1日に何度も無料でかけるならViberの方が気楽

LINE Out Free

無料通話は、1日あたり最大5回までと決まってる。5回もあれば十分という人は、LINE Out Freeを使おう。

Viber Out

1日の発信回数に制限はなく、何度でも無料で通話できる。

LINE Out Freeの無料通話の回数は、事前に確認できるんだけど、そんな面倒なのはイヤだという場合は、初めからViber Outを使った方が気楽だろうね。

急いでるときはViberの方がイライラしない

LINE Out Free

無料通話の前に、約20秒の動画CMを視聴する必要がある。ただし15秒を過ぎればいつでもスキップできるので、実質15秒ほど待てばいい。動画CMってことは、パケットも消費してるのかな?

Viber Out

動画、静止画、音声などCMは一切入らない。外出先や移動中など時間的余裕のない場面では、Viber Outでかけた方が精神衛生上はよろしいんじゃないでしょうか。

分かりやすさはViberの勝ち

LINE Out Free

LINE Out Freeは、LINEアプリの一機能なので、使い始めるまでが分かりにくい。

LINE Out Freeをスマホのホーム画面からすばやく開くためには、LINE Out Freeのショートカットアイコンを、事前にホーム画面に配置する、という一手間が余計にかかる。

すでにLINEもViberも使ってるオレのような人が、これからLINE Out Freeも利用しようとする場合は、ホーム画面に配置するアイコンがさらに1個増え、管理の手間も増える。

Viber Out

Viberは単体アプリなので、初めてても見よう見まねで操作できる。

海外のスマホや固定電話にかけるならLINE

LINE Out Free

LINE Out Freeは、日本国内のスマホや固定電話だけでなく、アメリカや韓国など海外のスマホや固定電話とも無料で通話できる。

Viber Out

Viber Outで無料通話ができる相手は、日本国内のスマホや固定電話のみ。

強制切断前はLINEの方が親切

LINE Out Free

LINE Out Freeは、無料通話が終わる20秒前に「ピー」というアラーム音を鳴らし、まもなく電話が切れることを発信者に知らせてくれる。心の準備ができて、地味にありがたい。

Viber Out

Viber Outは、無料通話時間が終わると何も言わずにいきなり切れる。

番号通知は期待しない方が賢明

LINE Out Free

LINE Out Freeで電話をかけると、自分の電話番号は相手に通知されることもある。

Viber Out

Viber Outで電話をかけると、電話回線によっては、自分の電話番号が非通知と表示される場合がある。

フリーダイヤルやナビダイヤルはどちらもムリ

LINE Out Free

0120や0570から始まる番号へは発信できない。

Viber Out

LINE Out Freeと同じく、0120や0570から始まる番号へは発信できない。

LINEは実用に耐える音質であって欲しい

LINE Out Free

オレはまだそれほどLINE Out Freeを体験してない。音質というか会話のしやすさは、これから確かめるね。

Viber Out

オレは、Viber Outでかけた相手から「国際電話ですか?」と指摘される。しかも、しょっちゅうw

しばらく併用してみます

こう書いてくると、全体的に「Viber Out押し」みたいな空気が充満しちゃったけど、実はそうでもない。

最後に書いたように、Viberは何年経っても「国際電話感」が消えないんだよね。

これさえなければ「Viber最強!」と胸を張ってオススメできるんだけど、残念ながら現時点ではそうはなってない。

なので、LINE Out FreeがViber Outよりも話しやすいということが分かれば、少しぐらい使い勝手が悪くても、LINE Out Freeを使う機会が少しずつ増えていくかもしれないな。

というか、スマホやケータイ、固定電話に発信する際に、まだ通話料をかけてる人は、この機会にぜひこうした通話料無料のサービスを試してみてね!

スポンサーリンク

気になる記事はシェアしたり、あとでじっくり読めます!

当ブログの更新情報をいち早くキャッチできます!

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です