LIBMOからMNPで転出する方法

格安SIM

格安SIMの「LIBMO」で音声SIMを契約しています。このたび楽天モバイルへ乗り換えることにしました。この記事ではLIBMOからMNPで転出する方法をご紹介します。

楽天モバイルはどうやって申し込むのが一番おトクなのか?

スポンサーリンク

公式サイトの「マイページ」を押す

LIBMO公式サイトのトップページを開いて、右上の「マイページ」を押します。

「ログイン」する

「ログイン」画面になったら、LIBMOのユーザIDとパスワードを入力し、その後「ログイン」を押します。

「契約情報確認画面へ」を押す

マイページにログインしたら、下の方にある「契約情報確認画面へ」を押します。

「のりかえ申請」を押す

契約情報確認画面が開いたら念のため、契約しているSIMカードの「最低利用期間」を確認しましょう。最低利用期間はだいたいページの真ん中あたりに書いてあります。

今回は2019年12月13日が最低利用期間となっています。この日を過ぎたら、つまり2019年12月14日になったら、違約金をかけずにMNPで転出できるということです。

最低利用期間を過ぎていることを確認したら、そのすぐ下の「予約番号/有効期限」欄右端にある「のりかえ申請」を押します。このボタンがMNP予約番号を発行するためのボタンです。

必要事項を入力してから「確認画面へ」を押す

「お問い合わせ」の画面が開いたら必要事項を入力します。その後、一番下の「確認画面へ」を押します。

「送信する」を押す

「MNP予約番号発行依頼フォーム」の画面になったら、内容を確認してから右下の「送信する」を押します。

MNP予約番号の発行依頼が完了する

こんな感じの画面が出たら、MNP予約番号の発行依頼は完了です。MNP予約番号が発行されるまで待ちましょう。

確認メールが届く

MNP予約番号の発行依頼をすると確認メールが届きます。このメールにはMNP予約番号は書いてありません。不要なら読み捨てて構いません。

MNP予約番号はまずSMSで届く

しばらくするとMNP予約番号がSMSで届きます。SMSが届く先は、今回MNPで転出する電話番号です。今回は約19時間35分後に届きました。MNP予約番号の発行以来が完了したのが2016年12月15日18時36分。このSMSが来たのが翌16日14時11分です。ざっくり1日ぐらいかかると覚悟しておいた方がよさそうですね。

MNP予約番号はメールでも知らせてくれる

先ほどのSMSが届いた15分後ぐらいに「MNP予約番号について」というメールが届きました。このメールにもMNP予約番号は書いてあります。

MNP予約番号はマイページでも確認できる

MNP予約番号はマイページでも確認できます。SMSやメールを捨ててしまっても慌てなくていいですよ。

MNPが完了すると解約しましたメールが届く

MNP予約番号が発行されたら、MNPの転入先(=今回は楽天モバイル)で転入の手続き(=電話回線の切り替え)をしましょう。

電話回線の切り替えが完了すると、LIBMOとの契約は自動的に解約されます。LIBMOが解約されると解約しましたメールが届きます。このメールにはSIMカードの返却先が書いてあります。忘れないようにメモアプリなどにコピペしておくといいでしょう。そしたらこのメールは破棄しても構いません。

LIBMOのSIMカードを返却する方法は、以下の記事をご覧下さい。

LIBMOのSIMカードをミニレターで返却してみた

解約後もマイページにログインできる

LIBMOが解約された後も、しばらくの間は引き続きマイページにログインできます。ただし、閲覧できる項目はの契約情報、利用料金、通話明細の3つに限られます。

マイページに「解約済」と表示される

LIBMOの解約後は、SIMカードの「ご利用状況」は「解約済」と表示されます。

解約後4カ月間は引き続きログインできる

解約しても、しばらくはLIBMOのマイページにログインできます。LIBMOによると、解約後のログイン可能期間は「解約月を含め4カ月間」だそうです。今回は2019年12月中に解約しました。よって2019年12月~2020年3月31日まではLIBMOマイページにログインできます。同年4月1日になるとログインできなくなるということですね。

LIBMOよ、お世話になりました。ありがとう!

コメント

タイトルとURLをコピーしました