MNPで楽天モバイルに乗り換える際の回線切り替え方法

格安SIM

格安SIMの話です。先日「LIBMO」というのから「楽天モバイル」に乗り換えました。電話番号はそのまま。つまりMNPです。

価格.comを経由して楽天モバイルに申し込んでみたぞ

MNPで乗り換える際は回線の切り替え手続きが必要になります。この記事では、MNPで楽天モバイルに乗り換える際の回線の切り替え方法をご紹介します。

スポンサーリンク

MNPした後の開通方法は3種類ある

MNPで楽天モバイルに乗り換える際の回線の切り替え方法は全部で3種類あります。

  1. ご自宅MNP(自分の好きなタイミングで回線を切り替えられる)
  2. Webお申し込みと同時にMNP(回線切り替え済みのSIMカードを受け取れる)
  3. 楽天モバイルショップ店頭でMNP(店頭で回線を切り替えられる)

3はさておき、1と2の違いは以下のようになります。

  1. ご自宅MNP→開通手続きは自分でやる必要があるが、電話もネットも1時間ぐらいで使えるようになる。
  2. Webお申し込みと同時にMNP→開通手続きは自分でやる必要はないが、SIMカードが届くまでの2〜3日間は電話もネットも使えない

つまり、

  • 手軽さよりも利便性を重視する→ご自宅MNP
  • 利便性よりも手軽さを重視する→Webお申し込みと同時にMNP

みたいな選び分けになるでしょう。今回は「ご自宅MNP」を利用しました。

楽天モバイル_ MNP(携帯電話ナンバーポータビリティ)

楽天モバイルのSIMカードを受け取る

楽天モバイルの申し込みが完了すると、2〜3日後に楽天モバイルのSIMカードが手元に届きます。今回はクロネコヤマトで届きました。が、この時点ではまだSIMカードを挿し替えないで下さい。

古いSIMカードのまま開通受付センターに電話する

古いSIMカードのまま、つまり今回はLIBMOのSIMカードを挿したまま、そのスマホから楽天モバイルの「開通受付センター」に電話します。開通受付センターの電話番号は以下の通りです。

楽天モバイル開通受付センター
186-0800-805-1111(通話料無料)

電話はスグ繋がりました。

電話が繋がったら「1#」→「1」を押す

開通受付センターに電話が繋がると自動音声応答案内が流れます。案内の指示通りにスマホでプッシュボタンを押しましょう。以下のように押せば大丈夫です。

「1#」を押す(=いま電話している電話番号でMNPする場合)

「1」を押す(=選択内容が正しいかどうかの確認)

電話は自動的に切れる

すると「翌日の午前9時までに回線の切り替えが完了します」という自動音声応答案内が流れ、電話は自動的に切れます。通話時間はわずか1分。「へ? たったこれだけ?」と拍子抜けするほど呆気ないです。

回線の切り替え完了時刻は受付時間によって異なる

今回はドコモ回線の切り替えで、9時00分〜20時39分までの間に電話しました。SIMカードに同封してある「はじめてガイド」という小冊子によると、9時00分〜20時39分までの間に電話した場合は当日中に楽天モバイルに切り替わるそうです。

お気付きの人もいるでしょう。そう、先ほどの自動音声応答案内は「翌日の午前9時までに回線の切り替えが完了します」と言っていました。食い違っています。回線の切り替えが完了するのは当日中なのか? それとも翌日の午前9時ぐらいまでなのか? 果たして一体どっちが正解なんでしょうか?

回線の切り替えが行なわれる

開通受付センターへの通話が切れたら、古い(=LIBMOの)SIMカードが使えなくなったかどうか確認してみましょう。

古いSIMカードは電話が繋がらない

開通受付センターへの通話が切れた約5分後、試しに古いSIMカードを挿したままで開通受付センターに再度電話してみたら「(LIBMOの)モバイルネットワークが利用できません」というメッセージがスマホに表示されました。どうやら早くも楽天モバイルへの回線の切り替えが行なわれたようです。

古いSIMカードはネットも繋がらない

パケット通信はどうなんでしょうか? スマホのWi-Fiをオフにして、LIBMOのモバイルネットワークに切り替えてみます。ブラウザで楽天モバイルの公式サイトを見ようとしたら「(LIBMO経由で)インターネットに接続されていません」と表示されました。もしかしたらパケット通信も楽天モバイルへの切り替えが行なわれたのかもしれません。

ということで、今回はわずか5分ぐらいで楽天モバイルへの切り替えが行なわれたようですね。かなり早い。

楽天モバイルのSIMカードに挿し替える

ここまで来たら楽天モバイルのSIMカードに挿し替えます。LIBMOのSIMカードをスマホのスロットから取り出し、代わりに楽天モバイルのSIMカードを挿し込めばオーケーです。

SIMカード挿し替えの流れ

まずスマホの電源を切ります

スマホのスロットからLIBMOのSIMカードを取り出します。

楽天モバイルのSIMカードを台紙から切り離します。念のため台紙は楽天モバイを解約するまで大切に保存しておきましょう。大切な情報が書いてあります。

楽天モバイルのSIMカードをスマホのスロットに挿し込みます。

スマホの電源を入れます

挿し替えの作業自体はとくに難しくありません。強いて言えばスマホの電源を入れ直すのがポイントです。

アクセスポイント名は自動で切り替えてくれる!

オレが使っている「Pixel 3a」の場合は、SIMカードを挿し替えてから本体の電源を入れただけで、楽天モバイルのアクセスポイント名を自動的に選択してくれました!これは楽チン!! もちろん電話もちゃんと使えます。

ということで、MNPで楽天モバイルに乗り換える際の回線切り替えは、とくに躓くこともなく、わずか10分足らずで完了!めでたし!!

コメント

タイトルとURLをコピーしました