Mi Band 4の文字盤沼にハマってみた

Smart Watch

格安スマートウォッチ「Mi Band 4」のウォッチフェイスというか文字盤。標準のデザインも悪くはないんですが、もっとイイのがないか日々探しまくっています。おかげで目が疲れました….。

この記事で紹介している文字盤は、以下の「MiBand4」というAndroidアプリを使うとカンタンにインストールできますよ。

スポンサーリンク

Rooming

この文字盤をAndroidでインストールしたい人はコチラ

イイところ

  • 見た目がほっこり癒し系。
  • Mi Band 4の「Do Not Disturb」をオンにすると左上の窓が閉まり、照明が点灯するのがカワイイ。

イマイチなところ

  • 歩数を「数字で」確認できない。サボテンの成長度合いで表現。
  • 日付の「月」は表示できない。

«Rooming» by Srspock – Xiaomi Mi Band 4

Metro V1.5

イイところ

  • 天気を表示できる。
  • 心拍数、消費カロリー、移動距離も表示できる。

イマイチなところ

  • 日付の「月」は表示できない。
  • 何度も見たくなるようなデザインじゃないかも。

«Metro V1.5» by Avone – Xiaomi Mi Band 4

Circles

これと似ている文字盤をAndroidでインストールしたい人はコチラ

イイところ

  • キホン、時刻と歩数だけのシンプルなデザイン。

イマイチなところ

  • 実際に腕に着けると、歩数、日付、曜日はかなり小さくて見にくい。

«Circles» by sk1nzz – Xiaomi Mi Band 4

IOSWatchStyle

これと似ている文字盤をAndroidでインストールしたい人はコチラ

イイところ

  • Apple Watch風の見た目はそこそこオシャレ。
  • アナログの文字盤で秒針も動く。

イマイチなところ

  • 青い円と赤い円が何を示すのかよく分からない。
  • 下半分のデザインと比べて、上半分がゴチャゴチャしている。

«IOSWatchStyle» by TinoCet – Xiaomi Mi Band 4

Mi Band4 lookalike

この文字盤をAndroidでインストールしたい人はコチラ

イイところ

  • Mi Band 4標準の文字盤のような見た目にプラスして心拍数も表示できる。
  • バッテリーが減ると残量アイコンの色が緑→黄→オレンジ→赤と変わる。

イマイチなところ

  • 標準の文字盤は月日の表示が日本風の「4.30」だが、この文字盤は月日の表示が「30.4」のように逆になってしまう。

«Mi Band4 lookalike» by troull88 – Xiaomi Mi Band 4

8-analog

この文字盤をAndroidでインストールしたい人はコチラ

イイところ

  • アナログな文字盤と、大きな歩数表示が見やすい。
  • 秒針が動くのに加え、心拍数や移動距離、Mi Band 4の画面ロックの状態なども分かる。

イマイチなところ

  • 用もないのに思わず見たくなるデザインじゃないかも…。

«8-analog» by pedritia – Xiaomi Mi Band 4

Google I/O v2.1

この文字盤をAndroidでインストールしたい人はコチラ

イイところ

  • 見た目がオシャレ。時刻が大きくて分かりやすい。
  • バッテリーが減ると左上の「︙︙」の色が、上の方から黄色に変わるなど、細かい仕掛けがいくつもあって楽しい。

イマイチなところ

  • 実際に腕に着けると、歩数や日付などは小さくて見にくい。もうちょっと大きくていいかも。

«Google I_O v2.1» by Henriquemattosesilva – Xiaomi Mi Band 4

で、結局どれを使ってるの?

今のところ、8-analogとGoogle I/O v2.0の2つを、そのときの気分で切り替えて使っています。見た目はGoogle I/O v2.0が好きなんですが、見やすさは8-analogの方が上なんですよ…。

ちなみに、この記事の冒頭で触れた「MiBand4」というAndroidアプリ。5月2日になったらこんな通知を届けてくれました。「もしもすでに春を満喫しているのなら、そろそろ新しい文字盤をチェックしては?」と。作者の愛を感じさせるアプリですね。

もっとしっくり来る文字盤を見つけたら随時更新します。

コメント

タイトルとURLをコピーしました