楽天モバイルから身に覚えのない架空請求が来た?

格安SIM

いつものようにクレジットカードの請求明細をチェックしていたら「ん?」となりました。

スポンサーリンク

身に覚えのない請求を発見!?

クレジットカードの請求明細には、2021年1月1日付けで249円の請求が載っています。しかし、オレはこの金額を使った記憶はありません。いや、もしかしたらオレの記憶が曖昧なだけで、実際にはこの金額が発生する何かをやらかした可能性も否定はできませんけどね…。

ま、とにかく、使った覚えのない249円がクレカの明細に載っているのは事実です。

ちなみに、1月11日に発生している楽天モバイルの「22円」には心当たりがあります。これはeSIMの実験をしたときに、iPhone SE 2の「電話」アプリで発信したときのものです。うっかりしていて「Rakuten Link」アプリで発信するのを忘れてしまったがために通話料が発生してしまったんですわ。

クレカに請求が行くということは、楽天モバイルがクレカに請求データを渡したということでしょう。だとすれば、楽天モバイル側に何らかの証拠が残っているはずです。

1回線目の利用明細を確認する

オレは楽天モバイルの回線を2つ契約しています。で、それらの料金は1枚のクレジットカードで支払うように登録してあるんです。なので、クレカの請求明細だけでは、どちらの回線の請求なのかは分かりません。ということで1回線ずつ確認してみることにしました。

利用明細一覧

1回線目の利用明細一覧を確認してみましたが、249円の請求は見当たりません。なお、1月の22円の請求は前述の通り心当たりがあるので、これはこれでオーケーです。

2020年12月の利用明細

2020年12月の利用明細を確認しましたが249円は見当たりません。

2021年1月の利用明細

2021年1月の利用明細を確認しましたが、やはり249円は見当たりません。

2020年12月の通話とSMSの利用明細

2020年12月の通話とSMSの利用明細を確認しましたが249円は見当たりません。ということで1回線目は「シロ」と言えそうです。

2回線目の利用明細を確認する

そうなると、怪しいのは2回線目なんでしょうか?

利用明細一覧

利用明細一覧を見てみましたが249円の請求は見当たりません。

2020年12月の利用明細

2020年12月の利用明細を確認しましたが249円は見当たりません。

2021年1月の利用明細

2021年1月の利用明細を確認しましたが、やはり249円は見当たりません。

2020年11月の通話とSMSの利用明細

2020年11月の通話とSMSの利用明細を確認しましたが249円は見当たりません。

2020年12月の通話とSMSの利用明細

2020年12月の通話とSMSの利用明細を確認しましたが249円は見当たりません。

2021年1月の通話とSMSの利用明細

2021年1月の通話とSMSの利用明細を確認しましたが249円は見当たりません。ただ、気になるのは「Rakuten Link」での通話になっていない点です。「留守電(転送)」になっています。

着信転送はしていない

留守番電話の設定内容を確認してみましたが「着信転送」にはなっていません。通話が転送され、その分の通話料がかかった、というようなことはあり得ません。留守番電話の利用料自体も無料ですしね。

ついでにキャリア決済やGoogle Playも確認しましたが、利用履歴はありません。

チャットサポートは4時間待ち…

これ以上調べても原因が分かりそうにないため、楽天モバイルに訊いてみることにしました。公式サイトでやっているチャットサポートに問い合わせてみましたが、4時間待ってようやく返事が来たかと思ったら、またなしのつぶてになってしまいました。

2021年4月6日(火)

VISA LINE Payカードの発行元である三井住友カードの公式サイトから、折り返し電話をもらうよう依頼しました。

2021年4月8日(木)

三井住友カードのYさんから電話あり。不審な請求は他にもあるかどうかの確認。今回の請求について楽天モバイルに連絡し、より詳細な調査を行なうとのこと。調査結果が出るまでに約1カ月かかる見込み。調査結果は電話と書面の両方でもらいたいと希望を伝えました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました