Pixel 3aとLIBMOはこうすれば使えます!

Android

まずは安心して下さい。

GoogleのSIMフリースマホ「Pixel 3a」と格安SIMの「LIBMO」の組み合わせ。この記事の通りに設定すれば、ちゃんと使えますよ!

スポンサーリンク

LIBMOのSIMカードをPixel 3aにセットする

Pixel 3aの電源をオフにします。

Pixel 3aの側面をよく見て下さい。小さな穴が1つだけ開いています。この穴に、Pixel 3aに付属のピンを差し込みます。Pixel 3aにケースを着けている場合は、取り外した方が作業しやすいですよ。

ピンを軽く押し込むと、トレイが少し顔を覗かせます。

トレイを完全に取り出します。

LIBMOのnanoSIMカードを、キャッシュカード大の台紙から切り離します。

nanoSIMカードがピッタリ合うようにトレイに乗せます。

トレイをPixel 3aの元の位置に戻し、軽く押し込みます。

PIxel 3aの電源を入れます。

ここまで来ればLIBMOの電話とSMSが使えます。さらにLIBMOでインターネットも使うためには、以下の設定を行なう必要があります。

「設定」アプリを開く

「ネットワークとインターネット」を押す

「モバイルネットワーク」を押す

よく見ると「NTT DOCOMO」と表示されていますね。LIBMOはドコモの電波を使います。これで正解なんです。

「詳細設定」を押す

「アクセスポイント名」を押す

右上のハンバーガーメニューを押す

「APN」の画面を開くと、主な格安SIMのアクセスポイント名一覧が表示されます。残念ながらLIBMOのそれはありません…。仕方がないので、右上のマークを押してアクセスポイント名を作成しましょう。

ちなみに右上のマーク。点が3つ縦に重なるように見えますよね? 海外の開発者の間ではこういうのや「三」みたいなマークを「ハンバーガーメニュー」と呼んだりするようです。なるほど。言い得て妙ですね。

「新しいAPN」を押す

LIBMOの接続情報を入力する

この手順が一番重要です。以下の接続情報を入力することで、LIBMOのインターネットが使えるようになります。

名前LIBMO(任意ですが、分かりやすくこうしましょう)
APNlibmo.jp
ユーザー名user@libmo(後ろに.jpは付けない!)
パスワードlibmo(後ろに.jpは付けない!)
認証タイプ「PAPまたはCHAP」を選択する

「保存」を押す

LIBMOの接続情報を正確に入力したら、右上のハンバーガーメニューを押します。続けて「保存」を押しましょう。この手順を忘れるとせっかくの入力内容がパーになっちゃいます。忘れずに保存して下さいね。

いま保存したアクセスポイント名を選択する

すると「APN」の画面に戻ります。いま保存したLIBMOのアクセスポイント名を選択して下さい。これでLIBMOのnanoSIMカードを使ってインターネットが使えるようになりました!

試しにWi-Fiをオフにしてから、ブラウザで好きなサイトを開いてみましょう。ページが真っ白でエラーになる場合は、再度接続情報を確認して下さいね。

LIBMOでPixel 3a、使えます!

実は、LIBMOの「動作確認済み端末」にはPixel 3aが載ってないんですよ。でも、この記事の通りに設定すれば、まったく問題なく利用できます。

これからPixel 3aを買いたいが、LIBMOで使えるかどうか分からず、困っている。

すでにPixel 3aを使っているが、LIBMOに乗り換えるかどうか迷っている。

そんな心配は無用ですよ!

コメント

  1. nori より:

    赤メガネさん
    ありがとうございました!
    今夜pixel3aが到着するので楽しみにしています!

    • 赤メガネ赤メガネ より:

      noriさん、またお越しくださり、ありがとう!

      Pixel 3aが届いたら、この記事のように設定してみて下さい。うまく行かなかったらまたコメントお願いしますね!

タイトルとURLをコピーしました