アップル、第2四半期の業績は過去最高

Apple、第2四半期の業績を発表

売上高、利益とも過去最高の1-3月期

iPhoneの販売台数は倍以上

2010年4月20日、カリフォルニア州クパティーノ、Apple®は本日、2010年3月27日を末日とする、2010年度第2四半期の業績を発表しました。当四半期の売上高は135億ドル、純利益は30億7,000万ドル、希薄化後の1株当り利益は3.33ドルとなりました。これに対し前年同期は、売上高が90億8,000万ドル、純利益が16億2,000万ドル、希薄化後の1株当り利益が1.79ドルでした。売上総利益率は41.7%となり、前年同期の39.9%から上昇しました。当四半期の米国市場以外の売上比率は58%でした。

Appleは当四半期、294万台のMacintosh®コンピュータを販売し、前年同期と比べ、33%の台数増となりました。また、当四半期中のiPhoneの販売台数は875万台となり、前年同期と比べ、131%の伸びとなりました。当四半期中、Appleは1,089万台のiPodを販売し、こちらは前年同期と比べ、1%の台数減となりました。

「売上高が49%アップ、利益も90%アップと、ホリデーシーズンを含まない四半期として過去最高の業績を報告できますことをとても嬉しく思います。先ごろ販売を開始した革新的な新製品のiPadは大好評で、今年中にはさらに素晴らしい製品をいくつか計画しています。」と、AppleのCEO(最高経営責任者)、スティーブ・ジョブズは述べています。

「2010年度4-6月期は、売上高として約130億ドルから134億ドルの間、希薄化後の1株当り利益として約2.28ドルから2.39ドルの間を見込んでいます。」と、AppleのCFO(最高財務責任者)、ピーター・オッペンハイマーは述べています。

引用元: Apple、第2四半期の業績を発表.

コメント

タイトルとURLをコピーしました