電話営業も大変ですネ

ありがちなハナシだけど、不愉快なハナシなので不愉快になりたくない人は読まないでネ。


作業場の電話が鳴りました。不動産で有名な大手企業の社員と名乗る女性からです。
何を言いたいのかイマイチ要領を得ませんでしたが、よく訊くと用件は、横浜にあるワンルームマンションの経営についての紹介だとか。的外れもイイところ。ウチには経営する余裕なんてありません。
で、ダイレクトメールを郵送したいが送ってもいいかとしつこいので、必要ありませんと断りましたが、それでも引き下がらないので、とりあえずあとで折り返し連絡するからといって相手の電話番号を教えてもらいました。というか、そもそもその用件じたいがよく分からないけど。
すると、相手は新人なのか、何なのか、突如しどろもどろに。電話口でガサガサ音がして、自分の電話番号なのに、ひとケタずつ発音しました。かなり不自然。
電話を切ってスグ、教えられた番号にかけ直してみました。通じません。その番号は現在使われておりませんて。実在しない電話番号なのか、マニュアルにないリアクションをされたので、動揺して言い間違えたのか。どっちにしろ、あまり気分のイイもんではありませんでした。
電話営業は不要だとは思いませんが、こーゆーことがあると企業イメージとか、印象が悪くなりますヨネ。残念です。
て、こんな不愉快なハナシでゴメンね。

コメント

タイトルとURLをコピーしました