iPhoneの無線LANで今いる場所を割り出す!

iPhone 3Gが現在位置を割り出すときに使う位置情報は次の3つ。

ひとつはGPS衛星。

ふたつめは携帯電話の基地局。

みっつめは無線LANのアクセスポイント。

GPSと携帯電話の基地局はひっくるめて「A-GPS(Assisted GPS)」とか呼ばれてる。
んがしかし、無線LANはどーやるの?

iPhoneが使ってるとされる「SKYHOOK Wireless」のカバーエリアを診てみると、なんと日本もカバーされてるコトが分かる!

skyhook-area

だけでなく、東京なんか、16号線まではイッテないけど、だいたい外環道路の内側はほとんどカバーされてるよーに診える!

ホントだったらスゴイナ。

コメント

タイトルとURLをコピーしました