プレゼンアプリは難しいのかも

プレゼンの発表者がスライドをめくると、それに合わせて聴衆の手元の資料も自動的にめくられるという「Slidrs」を使ってみた。

もちろん、便利そうだと思ったから。

でも実際はかなり使いにくかった。

・最低限の使い方が分かりにくい。また、使い方の説明がアプリから見られず、PCサイトを見ないといけない

・スライドが切り替わる際の視覚効果が弱く、パッと切り替わるのでビックリする

・発表者がピンチズームしても、聴衆のスライドはズームされない

このあたりがよくなれば、実際に会議などで使えそうですね。

スポンサーリンク

気になる記事はシェア!あとでじっくり読む!

お好きなブログリーダーで購読できます!