1500円とか1500万円を英語で言うとどうなる?

頭が混乱してきたので、ちょっとまとめてみた。

複数の言い方があるものは、よく使う言い方を上から順番に並べてあるよ。

間違いご指摘大歓迎!

15円

Fifteen yen

150円

  • One hundred and fifty yen(100+50)
  • One and a half hundred yen(1.5×100)

1,500円

  • Fifteen hundred yen(15×100)
  • One thousand, five hundred yen(1000+500)
  • One and a half thousand yen(1.5×1000)

1万5000円(15,000)

Fifteen thousand yen(15×1000)

15万円(150,000)

One hundred and fifty thousand yen(150×1000)

150万円(1,500,000)

  • One million and five hundred thousand yen(100万+500×1000)
  • One and a half million yen(1.5×100万)

1500万円(15,000,000)

Fifteen million yen(15×100万)

1億5000万円(150,000,000)

One hundred and fifty million yen(150×100万)

15億円(1,500,000,000)

  • One billion and five hundred million yen(10億+500×100万)
  • One and a half billion yen(1.5×10億)

150億円(15,000,000,000)

Fifteen billion yen(15×10億)

1500億円(150,000,000,000)

One hundred and fifty billion yen(150×10億)

1兆5000億円(1,500,000,000,000)

  • One trillion and five hundred billion yen(1兆+500×10億)
  • One and a half trillion yen(1.5×1兆)

スポンサーリンク

ポイントは4個のカンマ!あとは3桁ずつ機械的に読む

ニュースとかを見てても、一番大きな数字と言えば国家予算のン兆ドルぐらいまでしか出てこない。

なので、天文学なんかの論文を英語で書いたりするのでなければ、日常生活で見聞きするカンマの数は多くても4個までと考えてかまわないんじゃないかな?

で、何個めのカンマを何と言うのかさえ抑えておけば、あとはカンマとカンマの間の3桁の数字を、xxx hundred and xxx xxxのように機械的に読めばいい。

カンマの読み方

  • 右から1個目のカンマ thousand
  • 右から2個目 million
  • 右から3個目 billion
  • 右から4個目 trillion

例えば、1,234はどう読むかの思考パターンはこんな感じ。

まずは素直に先頭の1をoneと読む。

次に数字全体を眺めると、カンマが1個しかないことが分かるので、カンマはthousandと読む。

これで、one thousandというだいたいの規模感が掴めた。

カンマの後ろをみると、残りは3桁しかないので、two hundred and thirty fourとなり、まとめると、one thousand, two hundred and thirty fourと読める。

最初は頭が回転しないけど、慣れればパッと読めるようになるよ。

スポンサーリンク

気になる記事はシェアしたり、あとでじっくり読めます!

当ブログの更新情報をいち早くキャッチできます!

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です