iPAQのネーミングルール

古い資料を整理してたら、iPAQの命名規則が書いてあるプレゼン資料が出てきたんで、今さらだけど書き留めとく。


iPAQのうしろに続く「xx0000」の意味は、1ケタめから順に、
x:プラットフォームカテゴリー
 h:コマーシャル
 r:コンシューマー
x:プロダクトカテゴリー
 x:パフォーマンス
 z:バリュー
0:プロダクトシリーズ
0:フューチャーセット
 1〜3:ロー
 4〜6:ミドル
 7〜9:ハイ
0:オプション
0:オプショナルチャネル
 0:コマーシャル
 5:リテイル
 7:2バイト言語
以上。
実際の型番を診てみると、例えばhx4700なら、パフォーマンス重視のコマーシャルプロダクト「4」シリーズの中の上の、下モデルってことになる。
て、分かったよーな、分からないよーな。
iPAQの資料とは別に、クリエVZ90のプレゼン資料も出てきた。
こっちは、ツッコミどころ満載でかなり笑える内容になってんだけど、公開しちゃって何かあるとイケないので、やめとくネ。

スポンサーリンク

気になる記事はシェア!あとでじっくり読む!

お好きなブログリーダーで購読できます!