ジャージャーはマーマー?

インターネットを利用した格安電話サービス「JAJAH」
名前がヘボイ!ヘボすぎる!カワイソーなので早速試してみた!


おおざっぱにゆーと、以前に診察した「タダ電」に似てる。
ブラウザーで自分の電話番号と相手の電話番号を入力すると、JAJAHから自分の電話と相手の電話に着信があり、あとはフツーにお話できるとゆー仕組み。
お試し通話ってのがあったんで、実際にかけてみたら、1分間の通話料が0.1692ドル、日本円で約19円て表示された(今回はお試しなんで実際には課金されてないけど)。
参考通話料はW-ZERO3から自宅の固定電話にかけた場合も、その逆も同じだった。
ドクターが契約してるウィルコム定額プランの通話料は、対固定で30秒あたり10.5円、1分間で21円。
高いは高いがビミョー。
このページで試算したら、W-ZERO3からケータイやPHSにかけると、0.2906ドル、日本円で約33円!
ウィルコム定額プランでかけると30秒あたり13.125円、1分間で約26円。
フツーにかけた方が安いジャン!
そもそもネットにつなぐ手間とかを考えると、あんまりおトクじゃないのかもナ。んー。
こ、これは!? てのにはなかなか巡り会えないモンダネ〜。

スポンサーリンク

気になる記事はシェア!あとでじっくり読む!

お好きなブログリーダーで購読できます!