iPhoneのLTEはどうなる?

次期iPhoneはLTEにどう対応するのか?

アップルはまだ具体的な方針を公表していない。

ひとくちにLTEと言っても2つの方式がある。

FDD(下りと上り用にそれぞれ周波数帯を確保する方式)
TDD(時間をずらすことで、1つの周波数帯で下りと上りをやりくりする方式)

国内では、ドコモとauがFDD、ソフトバンクがTDDに取り組んでいる。

呼び方は、

FDD→LTE
TDD→TD-LTE

てな感じで、サービス名はこんな感じ。

ドコモ:Xi
ソフトバンク:Softbank 4G
au:未公表

アップルは態度を明らかにしていないが、iPhoneユーザーがすでに1000万人いると言われる中国大手のチャイナ・モバイル幹部は、

「アップルはTD-LTEを確約した」

とまで発言している。

これだけ見ると、いかにも次期iPhoneは、国内ではソフトバンクからしか出ない、みたいに見えるが、そうとも言い切れない。

iPhoneが例えば、クアルコムの「MDM9200」のような通信チップを搭載する可能性もないとは言えないからね。

MDM9200のような、FDDとTDDの両方に対応した通信チップを搭載すれば、ドコモやauの可能性も否定はできない。

逆に言うと、LTEに対応したiPhoneは、これまで以上に、どのキャリアからも出る可能性があるということだ。

スポンサーリンク

気になる記事はシェア!あとでじっくり読む!

お好きなブログリーダーで購読できます!