カード型Suicaリーダーを目撃!

診たヨ診た診た!初めて診た!手のひらサイズのSuicaリーダーを!イヤーあるんだネ、やっぱ!


カード型Suicaリーダーを持ってたのはJR渋谷駅の券売機のウラにいた男性社員の方。診かけたのは先週末の土曜日。諸般のジジョーで駅員さんにSuicaの残高を確認してもらおーと思ったら、その駅員さんがグーゼン手にしてた。
大きさはSuicaと同じくらいで、厚さは5ミリ弱ぐらい(曖昧)。チラ診だったんで詳しく分からないけど、液晶(電卓みたいな横長の)とボタンがいくつか付いてたよーな記憶が。
まァ100%業務用だとは思うけど、もしかしたら読み取り機能だけじゃなく、書き込みとか消去機能なんかも付いてるのかも、と思わせるよな外観だった。
にしても、来年度からはSuicaとパスネットが一緒になるワケだし。せめて読み取り機能だけでもいーから携帯型グッズとして小売りしてネ!

スポンサーリンク

気になる記事はシェア!あとでじっくり読む!

お好きなブログリーダーで購読できます!

コメント

  1. ko-ji より:

    関東近県でも未だにsuicaで通れる改札機の無い駅があるんですよ。近いところだと千葉県の富津とか。
    そゆ所では以前から小さなハンディタイプの読み取り機で残高を確認していました。
    確か降車時に、残高(と乗車駅かな)の確認だけして証明書を発行して別の駅で料金の引き落としをするように指示された記憶があります(それをしないと降車情報が書き込まれない=次に使えないと言われた気がするです)。

  2. yashimac より:

    e-通報ありがとうございます!
    ハンディタイプの読み取り機、社内用限定だとは思いますが、やはり以前からあったのですね。
    携帯型の読み取り機を小売りするとなると覗き見の問題とかいろいろあって難しいんでしょうけど、今は選択肢は少なすぎます。
    てか、パソコンやクリエがなくても残高がわかるようになればイイのにと思ってるのは、やはり少数派なんでしょうかねぇ。