iPhoneの画像をもっとラクに扱う方法

iPhoneの画像を読み込む方法って、ふつうは

iPhoto

イメージキャプチャ

だけど、スクリーンショットをMacに取り込むのであれば、実は「イメージキャプチャ」の方が手軽だな。

理由は、

●iPhoneでスクリーンショットを撮ると、自動的にイメージキャプチャに読み込まれ、スグに表示される(iPhotoだと、iPhotoを再起動する必要がある)

●ファイルをじかに(=Mac OS XのFinderで)扱える(iPhotoはアルバム管理が基本)

●iPhoneにある画像をイメージキャプチャから直接消せる(iPhotoだと、読み込んだ画像を削除するしかない)

iPhoneをMacに接続したときにイメージキャプチャが起動するよう、設定することもできる(イメージキャプチャで)。

てか、そんなこと、今まで知らんかったんかぃ!>オレ

スポンサーリンク

気になる記事はシェア!あとでじっくり読む!

お好きなブログリーダーで購読できます!