ケータイ早打ち世界記録、FIO社

ケータイ早打ちの「最速記録を更新」,FIO社が独自テンキーで – 電子部品 – Tech-On!.

アルファベット160文字(SMSの文字数ですな)を何秒で入力できるかの競争なのか。

スポンサーリンク

気になる記事はシェア!あとでじっくり読む!

お好きなブログリーダーで購読できます!

コメント

  1. 吉元逸郎 より:

    先日、NE,TechON!で紹介頂きましたFIO Technology Inc.社の吉元と申します。

    日本の若者は10キーで神業のような速さで親指を痙攣させながら文字入力されておりますが、実はマルチタップというのは、元々障害を抱えた入力方法なのです。
    それを補う為に、単語予測という補完方法が発達しました。
    パソコンの世界でも、元々、手が不自由な方の為の入力デバイスには単語予測が搭載されていました。 でも、普通のパソコンで文字入力する際に単語予測を使っている人は少ないですよね、

    これからは単語予測もパソコンにどんどん搭載されるようになるとは思いますが、基礎となるマルチタップを改良できれば、もっと早く文字入力が出来るのです。

    日本語版の仕様もありますけど、とりあえず海外のQWERTY入力で提案したのが下記の映像です。。
    日本語のビデオ・・・(↓)
    http://www.fiotechnology.com/demojapanese.html

    いろいろとアドバイス頂けるとうれしいです。(yi..)