国内ケータイ出荷台数の推移

このグラフを診て分かること。

●2000年の調査開始以来、5000万台を超えたのは2度しかない
●3000万台に落ち込んだのは、2008年が初めて
●夏と年末のボーナス時期を含む下期の方が、春商戦のみの上期よりもやや多い
●毎年、すべてのケータイの約半分が入れ替わる

スポンサーリンク

気になる記事はシェアしたり、あとでじっくり読めます!

当ブログの更新情報をいち早くキャッチできます!

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です