自転車の盗難保険はどれがいいのか比べてみよう

買ったばかりの自転車が盗まれちゃったら、泣くに泣けませんよね?

とうことで、万が一に備えて自転車に盗難保険をかけておくことにしました。

自転車向けの盗難保険は色々なパターンがあるんですが、ここでは単体で加入できる盗難保険に注目します。

盗難保険をかける自転車は、税込価格21万円のBROMPTONです。

スポンサーリンク

保険期間を継続できるもの

盗難保険は大きく分けて、保険期間を継続できるものとできないものの2種類があります。

オレは新車のうち、具体的には買ってから2〜3年は盗難保険をかけたいので、保険期間を継続できるものを選びました。

以下の2つの盗難保険は、自転車を盗まれたときの自己負担割合が0%です。つまり全額補償されるので、安心して自転車でお出かけできますね!

みんなのスポーツサイクル保険、BICYCLE保険、すぽくる

  • 保険会社 SBI日本少額短期保険
  • 年額 6930円
  • 月額換算 578円
  • 盗難時の自己負担 0%
  • 加入できるタイミング いつでもよい
  • 中古車の補償 中古車もオーケー
  • 補償期間 1年
  • 補償期間の延長・継続・更新 できる
  • 補償の開始時期 翌日から
  • 支払い方法 クレカのみ
  • 自損事故 補償される
  • 宿泊・帰宅費用の支給 支給されない

みんなのスポーツサイクル保険、BICYCLE保険すぽくる。と、名前は違っていますが、実はこれら3つの盗難保険はすべて同じ内容です。

「BICYCLE保険」は保険市場が、「すぽくる」はau損保がそれぞれ申込窓口になっています。そして「みんなのスポーツサイクル保険」はSBI日本少額短期保険が自ら申込窓口になっています。

ちなみに、盗難保険「すぽくる」と傷害保険「Bycle」のセット商品「W安心保険プラン」なんてのもあります。

ZuttoRideのずっと自転車車両保険 プラン5

  • 保険会社 ZuttoRide少額短期保険
  • 掛け金 1年補償は6024円、2年補償は1万1754円
  • 月額換算 1年補償は502円、2年補償は490円
  • 盗難時の自己負担 0%
  • 加入タイミング 購入後90日以内
  • 中古車の補償 中古車もオーケー
  • 補償期間 1年または2年
  • 補償期間の延長・継続・更新 できる
  • 補償の開始時期 支払い方法により異なる
  • 支払い方法 クレカ、コンビニ、口座振替
  • 自損事故 プラン1〜4にすれば補償される
  • 宿泊・帰宅費用の支給 支給されない

「ずっと自転車車両保険」は、補償プランや補償期間、補償の開始時期、支払い方法など、アレコレ選べます。そういうのがいい人は「ずっと自転車車両保険」の方がよさげです。自損事故を補償しない「プラン5」を選べば、掛け金も安いですしね。

ですが「ずっと自転車車両保険」は自損事故も補償すると掛け金が高くなっちゃうんですよ。なのでオレは割安な「みんなのスポーツサイクル保険」の方を選びました。

保険期間を継続できないもの

以下の2つの盗難保険は保険期間を継続できません。保険期間が終わったら、契約もおしまいです。新たに手続きするのが面倒臭い…というオレみたいな人には向きませんよ。

また、自転車を盗まれたときの自己負担割合が30%と決まっています。つまり、税込価格21万円のBROMPTONが盗まれた場合、新しいBROMPTONを手に入れるには、さらに6万3000円を支払う必要があるということです。

その割には掛け金が微妙に高いんですよね…。

ということで、今回はこれらの盗難保険はパスしました。

RIDE ON

  • 保険会社 トライアングル少額短期保険
  • 掛け金 2年補償のみで1万4202円
  • 月額換算 592円
  • 盗難時の自己負担 30%=6万3000円
  • 加入タイミング いつでもよい
  • 中古車の補償 中古車もオーケー
  • 補償期間 2年
  • 補償期間の延長・継続・更新 できない
  • 補償の開始時期 当日から
  • 支払い方法 クレカのみ
  • 自損事故 補償されない
  • 宿泊・帰宅費用の支給 宿泊費用は1万円、帰宅費用は2万円

ちゃりぽ

  • 保険会社 ジャパン少額短期保険
  • 掛け金 1年補償は1万4700円、2年補償は2万9400円
  • 月額換算 1年補償、2年補償とも1225円
  • 盗難時の自己負担 30%=6万3000円
  • 加入タイミング 購入後1カ月以内
  • 中古車の補償 中古車もオーケー
  • 補償期間 1年または2年
  • 補償期間の延長・継続・更新 できない
  • 補償の開始時期 入金時から
  • 支払い方法 クレカ、コンビニ、銀行振込
  • 自損事故 補償されない
  • 宿泊・帰宅費用の支給 支給されない

大手自転車チェーン店がやってるもの

大手自転車チェーン店やホームセンターが独自に提供している盗難保険や盗難補償なんてのもあります。

このうち、Y’sRoadの一部店舗はBROMPTONの折りたたみ自転車を販売しているんですが、今回は説明を割愛します。

国内メーカーの自転車は3年補償

BROMPTONとはまったく関係ありませんが、国内の大手自転車メーカーは盗難補償を提供しています。

こうした盗難保険は原則、掛け金無料です。自転車を買えば最初っから盗難保険が付いてきます。さすがは国内メーカーですね!

BROMPTONにも最初っから盗難保険が付いていてくれたらいいのになぁ…。

スポンサーリンク

気になる記事はシェア!あとでじっくり読む!

お好きなブログリーダーで購読できます!