ゆうパックを安く送りたければアプリを使えばいいのか!


ゆうパックを送りたい。

1個だけ。

しかも、できるだけ安く送りたい…。

だったら、普通に紙の伝票に手書きして郵便局に持ち込めばいいじゃん!それが一番安上がりに決まってんじゃん!

と信じてきたんですが実は…、

スポンサーリンク

「ゆうパックスマホ割」アプリの方が安い!

「ゆうパックスマホ割」アプリを使うと、ゆうパックを安く送れるんですね。初めて知りました。

ゆうパックスマホ割
ゆうパックスマホ割
Price: To be announced

アプリを使うだけで60円もおトクに!

例えば、送りたい荷物を1個だけ、郵便局に持ち込む場合を考えてみましょう。

アプリを使わずに普通に持ち込むと「持込割引」が効いて120円割り引いてもらえます。結構な金額、割り引いてもらえますが、アプリはもっとスゴイです。

ゆうパックスマホ割アプリを使うと、郵便局に持ち込むという行動自体は同じですが、なんと180円も割り引いてもらえます。アプリを使う以外に特別なことは何もしていません。

つまり、アプリを使うだけで60円もトクするんです!

だったら使わなきゃ損ですね。

クレジットカードが使える!

安いだけじゃありません。

オレみたいな「現金を持ち歩かない派」にとって、さらにありがたいのがコレ。

ゆうパックスマホ割アプリを使うと、ゆうパックの送料をクレジットカードで支払えるんです!

つまりアプリを使えば、郵便局の窓口で小銭を探しまくる必要がないばかりか、クレカのポイントが付くってことなんですね!

支払いは事前にアプリ内で完了します。スムーズだしスマート!

ありがたや。

伝票の手書きから解放される

さらに嬉しいことに、ゆうパックスマホ割アプリを使うと、ゆうパックの伝票を手書きする必要がありません。

オレみたいな乱筆野郎にとっては超朗報です。

やり方も超簡単で、アプリに表示されたバーコードを、郵便局に設置してある専用端末にかざせば、伝票を印刷出力してくれます。

ありがたや。

リピート割引は効かないけど…

実は、ゆうパックスマホ割アプリを使うと、以前と同じ宛先にリピート送付する際の「同一あて先割引」(60円)は効かなくなってしまいます。

ですが、そもそもアプリを使うだけで60円トクしてるので、たとえ「同一あて先割引」が効かないとしてもトントンです。損はしてません。

それどころか「同一あて先割引」の際に必要な、以前の紙の伝票を持参する必要がないので、かえって気楽です。紙の伝票ってうっかり持参するのを忘れやすいし、保管も面倒ですしね。

受取場所を郵便局にすると100円割引に!

これはちょっと裏技っぽくなってしまいますが、受取人が郵便局の近所に住んでるとか、通勤・通学の途中に郵便局の前を通るみたいな場合は、あらかじめ受取場所を郵便局に指定して発送すれば100円割り引いてもらえます。

軽い荷物とか気心が知れてるとか、受取人の負担にならないような場合に活用するとよさげですね。

郵便局に持ち込む必要がある

いいことづくめのように見えるゆうパックスマホ割アプリですが、唯一の弱点と言えば「郵便局」に出向く必要がある点でしょうかね?

つまりアプリを使って発送する場合は、コンビニはNGです。郵便局で出すしかないということです。

郵便局がちょっと離れてるんだよな、みたいな場合は厳しいかもしれませんな。

ともあれ、ゆうパックの送料を少しでも安くしたい人は使わないと損ですよ!

スポンサーリンク

気になる記事はシェア!あとでじっくり読む!

お好きなブログリーダーで購読できます!