家族間ポイント移行サービスはJREポイントになって地味に使いやすくなってる!


あまりにも地味すぎて、誰も注目してないと思われるJR東日本の「家族間ポイント移行サービス」。

家族のビューサンクスポイントをまとめられる「ポイント移行サービス」を使ってみた!

ビューサンクスポイントがJREポイントに生まれ変わったのに伴って、家族間ポイント移行サービスの内容も微妙に変わったみたいだね。

ビューサンクスポイント時代とJREポイント時代とで、家族間ポイント移行サービスのどこがどう変わったのか? 良くなったのか? 悪くなったのか? を簡単にまとめとくね。

まず、各ポイント移行の条件は以下のようになってるよ。

これまで〜ビューサンクスポイント時代

  • ポイントをあげる人ともらう人が、ともに本人名義の(=家族カードではない)ビューカードを持っている。
  • 2人ともビューカードに登録してある名字と住所が同じである。
  • ポイントをあげる人は、ビューカード会員専用サイト「VIEW’s NET」を使える。
  • ポイントをあげる人は、現在のポイント残高が100ポイント以上ある。
  • ポイントの移行は、申込完了の約3日後に行なわれる。

これから〜JREポイント時代

  • ポイントをあげる人ともらう人が、ともに本人名義の(=家族カードではない)ビューカードを持っている。
  • 2人ともビューカードに登録してある名字と住所が同じである。
  • ポイントをあげる人は、JREポイント公式サイトを使える。
  • 期間限定ポイントは移行できない。
  • ポイントの移行は、即時に行われる。

赤い字が変更点ね。

根幹となる部分は変わってないけど、移行可能な最低ポイントや移行完了タイミングなんかが微妙に変わってるのが分かる。

変更点をまとめると…、

微妙に変わった点

  • 【削除】ポイントをあげる人は、現在のポイント残高が100ポイント以上ある。
  • 【追加】期間限定ポイントは移行できない。
  • 【変更】ポイントの移行は、即時に行われる。

この条件が本当なら、仮に99ポイントを移行した場合でも、スグに99ポイントを受け取れるはずだよね?

てことで、実際にJREポイントを移行してみたよ。

なお、オレは期間限定ポイントを持ってないので、残念ながら今回は、期間限定ポイントについては確かめようがありまへん。それはまた別の機会に。

スポンサーリンク

JREポイントを家族へ移行する方法

移行手続きはスマホでもパソコンでもどっちでもできるんだけど、今回はスマホでやってみるね。

ちなみに、この記事を書いてる2018年8月8日(水)時点では「JRE POINT アプリ」では家族間ポイント移行サービスは利用しにくい。より正確に言うなら、結局ブラウザに飛ばされちゃうので、それなら最初っからブラウザでやった方が早いじゃん、て話です。

JREポイント公式サイトを開く


ブラウザでJREポイント公式サイトを開き、右上の「三」を押す。

「ポイントを使う」を押す


すると、メニューが開くので「ポイントを使う」を押す。

「くわしくはこちら」を押す


「ポイントを使う」のページに切り替わったら、ページを下へスクロールする。続けて「ポイント移行サービス」の項目内にある「くわしくはこちら」を押す。

「ログインして〜申込み」を押す


「ポイント移行サービス」のページに切り替わったら「ログインしてポイント移行サービス申込み」を押す。

「ログイン」する


画面の指示に従い、ログインする。

「確認」を押す


移行先のJREポイント番号と、移行したいポイント数を入力してから「確認」を押す。

JREポイント番号は、以下の4種類の方法で確認できるよ。

  • VIEW’s NET公式サイト
  • ご利用代金明細書
  • ビューカード(2018年7月以降に発行されたカードのみ)
  • 自動音声応答電話「JREポイント商品交換ダイヤル」

「移行する」を押す


画面が切り替わったら、内容に間違いがないことを確認してから「移行する」を押す。

移行の申し込みが完了する


「ポイント移行サービス申込み完了」という画面に切り替わったら、ポイントのあたりを押す。

ポイント履歴を確認する〜あげた側


よかった!ちゃんと99ポイント減ってるね。

ポイント履歴を確認する〜もらった側


移行先のJREポイントも確認してみて、ちゃんと移行されてればオーケーだよ。

申込完了メールは読み捨てでオーケー


JREポイント公式サイトに登録してあるメールアドレス宛てに、移行申込完了メールが届くけど、読み捨てて構わない。

結局、新しいにJREポイントになって、100ポイント未満の少額でも家族へ即時に移行できるようになったんだな。新しい家族間ポイント移行サービスは地味に使いやすくなってる、と言ってよさそうだね!

スポンサーリンク

気になる記事はシェア!あとでじっくり読む!

お好きなブログリーダーで購読できます!