25年も風雨に晒されっぱなしで薄汚れてきたキャトルのナンバープレート再発行問題


新車だったルノー・キャトルも25年が経ち、さすがにナンバープレートの汚れが目立ってきた。

ナンバープレートの文字が判読不可能ってほどじゃないんだけど、見やすい方がいいことはいいよね?

さてと、どうしようかな?

スポンサーリンク

このまま乗り続ければ無料

ナンバープレートが薄汚れてきたキャトルにこのまま乗り続ければ、ナンバープレートに関する費用はとくにかからない。

万が一「おいコラ!そこのポンコツ車!ナンバープレートの文字が読みにくいぞ!けしからん!」て注意されたら、そんとき対策を考えればいいのかな〜と^^;

ナンバープレートを再発行する

キャトルのナンバープレートを仮に、

A市 xxx あ zzzz

とするね。

で、

A市:ここに住んでるときにナンバープレートを取得した。

B市:以前に住んでたところ

C市:いま住んでるところ

このような状況だと、いま、わざわざA市の陸運支局へ行ったとしても、ルール上、ナンバープレートの再発行はやってもらえないんだってね。

A市のナンバープレートを再発行するには、現住所がA市にないとダメだかららしい。

ちなみに、ナンバープレート再発行にまつわるエトセトラは以下の通り。間違ってたらメンゴm(_ _)m

ナンバープレート再発行の条件

古くなったナンバープレートを返納できること。

再発行にかかる日数

約1週間

陸運支局へ出向く回数

申請時と受取時の計2回

陸運支局へ持参するもの

申請時

  • 手数料
  • 車検証のコピー

受取時

前部プレートのみ再発行する場合

前部ナンバープレートのみ

後部プレートのみ、または前後のプレートを再発行する場合
  • 後部ナンバープレートのみ、または前後のナンバープレート
  • 実車
  • 車検証の原本(コピー不可)
  • 所有者の印鑑(認印で構わない)

手数料

前部プレートのみ
約1000円

後部プレートのみ
約1000円

前後両プレート
約2000円

キチンと住所変更の手続きをする

ちゃんと住所変更の手続きをすると、ナンバープレートは強制的に、いま住んでるC市のナンバーになる。

たとえA市のナンバープレートにどんなに思い入れがあったとしても、それは叶わぬ夢らしい(;_;)

必要なものと費用

  • 車検証 すでに手元にあるので無料
  • 印鑑(認印はダメ) 手持ちのものを使えば無料
  • C市の住民票(発行から3カ月以内のもの)1通 約400円
  • 戸籍の附票1通 約300円またはB市の除票1通 約300円
  • ナンバープレート代 約2000円
  • 警察署発行の車庫証明1通(発行から1カ月以内のもの)約3000円
  • 駐車場オーナーの使用承諾書発行手数料 5000円〜1万円

約1万円〜1万6000円

オレは月極め駐車場を借りてるので「駐車場オーナーの使用承諾書」が必要になる。その発行手数料は各業者さん次第だけど、全体でざっくり1万円から1万6000円ぐらいかかるのか。

高いなぁ〜。

あ、でも、引っ越したら、ちゃんと住所変更の手続きをしましょうね!

スポンサーリンク

気になる記事はシェア!あとでじっくり読む!

お好きなブログリーダーで購読できます!