マムートの最新バックパックが欲しいなら公式サイトかリアル店舗で買うのが安心そうだね


突然ですが、コレ↓と…、

コレ↓。

どこが違うか分かります?

実は上記2種類のバックパックは、微妙な違いがあるんだけど、カタログ上はまったく同じ商品なんですと^^;

上記の商品はともに、スイスの登山用品メーカー「MAMUTT」(=マムート)の、

Seon Courier(=セオン クーリエ)SE 20L ブラック

という商品で、型番はともに「2510-03970」ってヤツ。

型番がまったく同じなんだから、すべてが同じと思いきや、2枚の画像をよーく見比べてみると、どことなく違うような、違わないような…。

んー、よく分からん(^^;;

スポンサーリンク

マイナーチェンジ前の2017年モデル


素人判断では埒が明かないので、マムートの某店舗に電話して、店員さんに色々と教えてもらった。忙しいのに親切丁寧に説明してくれた店員さんに大感謝です!

そしたら実は、

Seon Courier SEは密かにマイナーチェンジが行なわれている。

とのことで、基本的な部分は変わってないんだけど、上の画像のように「MAMUTT」の文字が上方中央に配置してあるのが、マイナーチェンジ前の、いわゆる「2017年モデル」なんだって!なるほど!

マイナーチェンジ後の2018年モデル


一方「MAMUTT」の文字が上方左端に配置してあるのが、マイナーチェンジ後の、いわゆる「2018年モデル」ね。

ついでに、パッと見の違いはもう1つあって、2018年モデルは、外ポケットに若干のマチがあるんだけど、2017年モデルは、外ポケットにマチはほぼない。ペタッとしてる。

ちなみに、マムートの店員さんに調べてもらったところ、使ってる材質の「600D ポリエステル WP」「300D ポリエステル Ballshadow」や重量(=830グラム)といった、商品の根本的な部分に変化はないとのことだった。これは信じるしかない。

オレは実際に両方とも実物を見て、触れたことがあるんだけど、材質に違いはないとは言え、どちらかというと2018年モデルの方が全体的にツルッとして、スッキリとした印象を受けたなぁ。

やっぱ公式?

そもそも、なんでこんな話を書こうと思ったのか?

一番困ったのは、ネットに掲載してある画像と違う商品が届いたり、届くようになってることなんだよねー。

Amazon.co.jp

掲載画像は2017年モデルで、届くのも2017年モデル。事前に販売業者さんに確認してみたら、そういう話だった。

ま、それならそれで話は通るし、対策も取れるので構わない。

オレは2018年モデルが欲しかったので、今回はAmazonで注文するのはやめといた。

ヨドバシ.com

当初、掲載画像は2018年モデルだったので注文したら、実際に届いたのは2017年モデルだった(T . T) 仕方がないので、初期不良扱いで返品したよ。

つーか、いま思うと、値引きしてる時点で怪しいと思うべきだったのかもしれない。もしかしたら、2017年モデルの在庫処分なのかもしれない、と。

返品の連絡から数時間後に商品ページをのぞいてみたら、紛らわしい画像がしれっと削除されてるし^^; こういうところの対応は素早いわ。

マムート公式サイト

掲載画像は2018年モデルで、届くのも2018年モデル?…じゃないとマズイよね? さすがに公式サイトだし。

マムートに限った話じゃないかもしれないけど、マムートの最新のバックパックを買うんだったら、公式サイトかリアル店舗で買った方が安心なんじゃね? というお話でした。

しかし、今さらながらに、ネットは怖いわ〜^^;

スポンサーリンク

気になる記事はシェア!あとでじっくり読む!

お好きなブログリーダーで購読できます!