注文してたマグネット充電セットが届いたので開封の儀をやってみた!


iPhone 8用に注文してたマグネット充電セットが、ようやく届いた!

スマホの充電方法はマグネットタイプが現時点での最適解だと思う

あ、上の画像はイメージですw

スポンサーリンク

まさか!ケーブルだけしか入ってない!?


化粧箱には「X cable mini 2」と書いてあるだけなんだよね。

なので、パッと見は「ケーブルしか入ってないんじゃね?」みたいに疑っちゃいそうになるけど、もちろんそうじゃない。専用端子も一式ちゃーんと入ってるので大丈夫だよ。

化粧箱はちょっと汚れてるけど、気にしないw

つーか、箱の大きさ感が伝わらない画像でスミマセンm(_ _)m

まずはじっくりと化粧箱を観察しよう!


化粧箱の封は薄手の紙でできてるんだけど、この段階ではまだ破らないでね。

なぜならそこには、この個体が正規品であることを確認するために欠かせない唯一無二の「セキュリティコード」なるものが仕込んであるからだ!

慌てると、泣き見るぜ!ガハハハ!

封部分のQRコードを読み取る


ということで、開封する前に、この商品が正規品かどうかを確認しよう。

封に印刷してあるQRコードを、スマホのカメラなどで読み取る。オレのarrows M03のカメラをこのQRコードにかざしたら、

http://www.wsken.net/support.asp

というURLが表示されたよ。

QRコードを読み取れないとか、自分でスキャンするのが面倒臭い人は上記のURLを押してねー。

すると…、

正規品の確認ページが開く

1
WSKENのサポートページが開く。ここで正規品であることを確認するよ。英語だけど、やることは簡単なので、くじけないでね。

封のラベルを優しく擦って…


封に貼ってあるラベルの、銀色の部分を爪の先などでソーっと擦ろう。乱暴に擦るとラベルが破れちゃうおそれがあるので、擦るときはくれぐれも優しくね。

感覚的には、iTunesカード背面のスクラッチよりもかなり簡単に削れる感じだよ。

あ、ピンボケでスミマセンm(_ _)m

20桁の数字が見えたらオーケー


銀色の部分をソーっと擦り、

12345 67890
12345 67890

みたいな数字が見えたら擦るのを止めよう。

数字は5桁×4カ所=全部で20桁ある。これが肝心のセキュリティコードってヤツね。これを先ほどの正規品確認ページに入力し、パチモン検査w をするよ。

20個の数字を入力し「Submit」を押す


先ほど開いた正規品確認ページに戻り、下の方にある4個の枠を見てね。

ラベルを擦って現れたセキュリティコードは、これらの枠に入力する。

どの枠にどのセキュリティコードを入力するかは、同コードの印刷位置で決まってる。左上のコード5桁は左上の枠に、右下のコード5桁はの枠に、といった感じで、それぞれ対応する枠内に入力しよう。

セキュリティコードをすべての枠内に入力したら「Submit」を押す。

正規品であることが確認できた!


チェックした商品が正規品であれば「レ」のようなマークの画面が出る。これで成功ね。

さらにそのマークの下に「WSKEN Original Licensed product, please rest assured use」と書いてあれば安心して使えるよ!

ちなみに、運悪くパチモンだった場合は「このコードは存在しません」とか「このコードは何回も確認されています」と出る。

ようやく開封w


正規品であることを確認できたら、いよいよ開封な。

封を切って蓋を開けると、パッと見はケーブルと乾燥剤しか見えない…。

「騙されたかも…」と落ち込む前に、箱の中をよ〜く見よう。すると…、

専用端子はこんな感じで入ってる


専用端子は、緩衝材のスポンジにこんな感じで挟んである。よかった〜。

内容物は全部で5種類


充電ケーブルと専用端子2個はもちろん、専用端子取り外しツールと、ケーブルをまとめるためのマジックテープも付属する。

開封の儀はこれにておしまい!

スポンサーリンク

気になる記事はシェア!あとでじっくり読む!

お好きなブログリーダーで購読できます!