1500円のiTunesカードをGiftissue.comに出品したら約1時間で完売したよ


タンスの奥から出て来たiTunesカード。よく見たら未使用品じゃん!

iTunesカード、オレはほとんど使わないから、この機会に処分したい。

でも、そのまま捨てるのはもったいないし、なんかいい方法はないかな〜?

スポンサーリンク

ヤフオク? フリマ? それとも取引サイト?

ゆーても、iTunesカードのやり取りだからねー。トラブルだけは避けたいよねー。

少しぐらい手数料がかかっても構わないから、安全に取引できる方法がいいなぁ。できれば、ちゃんと使ってくれそうな人に譲りたい。

オークションとかフリマアプリとかも検討したけど、上記のような想いから、今回はギフトカード取引サイトで売ることにしたよ!

どの取引サイトにしたの? 決め手は?


今回のオレのように、売る側からすると、

  • 安心、安全で、トラブルが少なそう。
  • 手数料が安い。
  • 売れやすそう。

こうした条件を満たしてる取引サイトが理想的だなぁ。

実にさまざまな取引サイトが乱立気味なんだけど、今回は「amaten」「ギフル」「ベテルギフト」「Giftissue.com」の4サイトに注目したのね。

amatenは、iTunesカードの出品数が3000点近くと多いのが魅力なんだけど、いかんせん手数料が高いのがネック。

ギフルは、手数料は安くていいんだけど、会員登録をしてからじゃないとiTunesカードの出品数を確認できず、ちょっと使いにくい、というか不親切。

ベテルギフトは、なにせiTunesカードの取扱数が少な過ぎる。オレが覗いたときはわずか12点しか出品されてなかった。

Giftissue.comは、会員登録をしなくてもiTunesカードの出品数を確認できるし、手数料もそれほど高くない。出品数も300点以上あり、活気がある。

ってことで、今回はGiftissue.comで売ることに決めた!

売れやすさは出品数が参考になる


ところで、その取引サイトでiTunesカードが売れやすそうかどうかは、取引サイトのどこを見れば分かるんだろうね?

オレは、iTunesカードの出品数に注目したよ。

iTunesカードの出品数が少ない取引サイトは、見てる人も少ないはず。

iTunesカードがたくさん出品されてる取引サイトはライバルも多いけど、見てる人も多いだろうし、その分、売れるチャンスも多いんじゃね?…という単純な読みです。

値引き率はベスト5に入るように設定すべし!


出品価格はいくらにすれば売れやすいんだろうね?

オレは価格そのものよりも「値引き率」とか「販売率」的なものに注目したよ。

出品時に値引き率を設定する際は、出品中のiTunesカードの一覧の上から5番目までに表示されるように設定するのね。

そうすると、ライバルがたくさんいても、買いたい人の目に入りやすいんじゃないかなーと。

とは言え、少しでも高く売りたいので、上の画像のような感じで86.0%じゃなく、あえて86.9%にしといたわけ。

余談だけど、オレが86.9%を付けたら、すぐにライバルが86.8%に値下げしてきてウケたw

取引サイトに関しては「オレは絶対に●●円で売るぞ!」みたいな意気込みは鬼門な。今この状況でどうやって売りさばくかが勝負だからね。

この話、フェイクじゃないよw


iTunesカードが売れたことがフェイクじゃないことの証拠に、証拠画像を載せとくね。

ちなみに、今回出品したiTunesカードが売れるまでの時間は、1点目が1時間20分で、2点目がわずか53分!

日曜日の午後にもかかわらず、速攻で売れて助かった!寒い日だかったから、みんな家にこもってパソコンでもやってたのかな?

いずれにしても、この場を借りて御礼します。買ってくれた方、ありがとね!

スポンサーリンク

気になる記事はシェア!あとでじっくり読む!

お好きなブログリーダーで購読できます!