死ぬまで虫歯ゼロを目指してオレがやってることを紹介するね


自分の「歯」に目覚めてから、もうすぐ2年が経つ。

それまでは「毎年1本ずつ銀歯化」みたいな悲惨なペースで虫歯の治療をするのが当たり前になってたんだけど、歯の手入れに目覚めてからの約2年間は、幸運なことに虫歯も歯周病も1回も発症してない。

必死に歯磨きしたのに虫歯になったのでどうすれば虫歯にならないか真剣に考えてみた

この先、一生、虫歯や歯周病にならないようにするためには、一体どうすればいいのか?

参考になるかは微妙だけど、オレが実践してることを紹介するね。

スポンサーリンク

口の中をいったんリセットする

まずは、歯や歯茎に「何も問題がない状態」に戻そう。

現在、虫歯や歯周病を治療中の人は、いったんキッチリ治すこと。それから、次のステップへ進もう。

何も問題がなさそうな人は、次のステップへ進もう。

身近で信頼できる歯科医に診てもらう

歯科医との付き合いは長くなる。

これからは治療ではなく「予防」のために、その歯科医へ「半年ごとに通う」ことになるからね。引っ越しでもしない限り、この先ずっと。

だから、身近で信頼できる歯科医を探し、そこへ行く。

で、現在の歯や歯茎の状態を診察してもらう。

行きやすい方を選ぶ

歯科医の立地は、万が一のことも考えて「遠方の有名な歯科医」を選ぶよりも「自宅や職場の近所で行きやすい歯科医」を選んだ方が無難だよ。

オレは実際に、治療中の被せ物が取れ、歯科医に駆け込んだことがある。そのときは近所の歯科医だったので助かった。

信頼できるか見極める

信頼できる歯科医かどうかは、実際に診察してもらわないと分からない部分も多い。

オレの場合は、その歯科医が信頼できるかどうかは「こちらの質問にちゃんと答えてくれるか?」や「何でも気軽に話せる雰囲気か?」「前回、話し合った内容を覚えているか?」みたいなポイントで見極めた。もちろん「腕がいい」のも重要だけどね。

気になる歯科医が複数ある場合は「歯や歯茎のチェックをして下さい」とお願いし、何軒か巡って、比較するといいね。オレの場合は2〜3軒巡って、本命を決めた。

その歯科医で半年ごとに歯垢を取る

口の中をリセットし、信頼できる歯科医を見付けたら、後はその歯科医へ半年ごとに通えばオーケー。

で、その都度、歯垢を除去してもらい、口の中をチェックしてもらう。

歯垢は、どんなに完璧に自分で手入れしてるつもりでも、必ず付着してる。だから、半年ごとに必ず通院しよう。

かかる費用は半年で約3000円、1年で約6000円ぐらい。1カ月あたりに直すと、たったの500円ぐらい。高くはないよね?

半年間の歯の手入れは?

歯科医に行かない半年間の歯の手入れは、どうすればいいのか?

オレの場合は、以下の3つのアイテムで平穏な口腔状態を維持してる。

紹介するアイテムは、決して「絶対にコレを買え!」という意味じゃない。オレがアレコレネチネチ調べまくった結果、辿り着いたの。とりあえずは、これっぽいのを揃えれば何とかなる。

実は、オレが使ってるオーラルケア製品はこの他にもあるんだけど、それはまた別の機会に紹介するね。

毎食後、電動音波歯ブラシを使う

  • ソニッケアー イージークリーン HX6520/50
  • メーカー フィリップス
  • 税込価格 5580円(2016年5月にAmazon.co.jpで購入)

オレの場合は、手磨きじゃどうにもならない。そう思ったから、電動音波歯ブラシを買った。生まれて初めて。時間節約、歯はツルツルに、虫歯予防。そう思えば決して高くはない。

毎日3時間の歯磨きタイムから解放されたくて人生初の電動歯ブラシを買った話

ちなみに、替えブラシの価格は一番安くて1本あたり600円ぐらい。これで最大3カ月は持つ。1カ月あたりのコストにすると200円ぐらい。下手な歯ブラシを買うよりもずっと安い。

ソニッケアーの替えブラシってどこでどれを買うのが安上がりなのかね?

歯磨きジェルはちょっとだけ使う

  • コンクール ジェルコートF
  • メーカー ウェルテック
  • 税込価格 1080円

歯磨きに使う歯磨きジェルの量は、ほんのちょっとでオーケー。たっぷり付けても意味はない。

コンクールのジェルコートFは、ハッキリ言ってコスパは悪い。

実はオレはまだ使ったことはないんだけど、次に買うときは、もっとコスパの高い「クリニカ アドバンテージ コートジェル」を買うつもりだよ。

フッ素がたっぷり入ってて電動音波歯ブラシでも安心して使えるジェルをまとめとくわ

歯磨きの後にデンタルフロスを使う

  • DENTAL FLOSS
  • 長さ 約50m
  • 税込価格 108円
  • 購入場所 セリア
  • 製造国 台湾

いくら電動音波歯ブラシでしっかりと歯を磨いても、歯間に詰まった食べカスまでは取れない。それは、デンタルフロスを使うと痛感する。

コスパは最強。感覚的には、ガンガン使っても、何カ月もまったく減らないみたいなw

以前はダイソーのワックス付きタイプを使ってたんだけど、ワックス付きタイプが入手困難になっちゃったので、止むを得ずセリアのデンタルフロスを使ってる。

ただしワックス効果は弱い。指が濡れても滑りにくい分、割と歯にひっかかる感じがあり、すぐに毛羽立つ。安いからな。

毎食後、口に入れるものだしね。製造国とかが気になる人は、もっと高価なのを使ってもいいかも知れない。

1日3回の歯磨きとデンタルフロスで予防する

電動音波歯ブラシに歯磨きジェルをちょっと付け、歯磨きをした後に、デンタルフロスを使う。

これを朝昼晩の1日3回、毎食後にやるのが、オレの基本ルーチンです。

「さすがに昼は歯を磨けない」という人は、朝と晩の2回でも構わないみたいだけど、そのルーチンで虫歯を防げるかどうかはオレには分からない。

オレが日中外出した場合は、デンタルフロスは省略するけど、電動音波歯ブラシと歯磨きジェルを持参し、必ず歯を磨くようにしてるよ。なるべく清潔そうなトイレを探してね。

まるで「歯磨き同志(?)」のような方がいらしたので、リンクを張らせていただきます。

歯周病を改善・予防する一番コスパの良い方法教える

スポンサーリンク

気になる記事はシェア!あとでじっくり読む!

お好きなブログリーダーで購読できます!