予約したお店が色々と残念過ぎたのでやむなくEPARKグルメの全額返金宣言に申し込んでみた


おなじみの「EPARKグルメ」からお店の予約を完了させたのに、実際に来店してみたら、お店のスタッフから「予約なんて入ってませんけど」と言われた…。

さらに、EPARKグルメに載ってた料理を注文しようとしたら「そんな料理はやってない」と突っぱねられ、楽しみにしてた料理が食べられなかった…。

いずれもオレの実体験…。

この他にもそのお店で悲しい出来事がいくつか重なったので、今回はいつもの美味しいキャンペーンに参加するのはやめにしよう。

税込2160円以上の外食に対し2000円もキャッシュバックしてくれるEPARKグルメのキャンペーンに参加してきた!

その代わり、もっと強烈な…、

スポンサーリンク

「全額返金宣言」に申し込む!


EPARKグルメは「全額返金宣言」てのをやってる。

上記のような残念な状況に直面したら、一定条件の下で、飲食代を全額返金してくれるという「神施策」だよ。

幸か不幸か、今回はこの施策の条件に該当したので、あえてこっちに申し込むことにした。

細かい条件は、以下の公式サイトで確認してね。

全額返金宣言

「申請する」をクリックする


全額返金宣言に申し込むには、同施策のページを下へスクロールし「申請する」をクリックする。

「申請フォーム」にできる限り詳しく入力する


「申請フォーム」に切り替わるので、すべての項目に正確に入力しよう。任意の項目にも入力しといた方が手続きはスムーズに進むよ。

特に重要なのは「内容経緯」の欄ね。全額返金して欲しいほど残念な事態とは一体どんなものだったのか? できる限り具体的に、分かりやすく入力しよう。

「送信する」をクリックする


すべての項目に入力したら、画面を下へスクロールし、チェックボックスにチェックを付けてから「送信する」をクリックする。

画面をうまくスクロールできない場合は、文字が書いてある部分にマウスカーソルを重ね、画面をスクロールしてみよう。どうやらこの申請フォームはフレーム構造になってるようで、こうするとうまくスクロールできるよ。

確認メールは保存しとこう


申請フォームの送信が完了すると、しばらくして確認メールが届く。これで全額返金宣言の申請は完了したよ。

後は、返金申請についてのメールが届くのを待とう。

返金を申請する


後日EPARKグルメから、返金申請についてのメールが届く。

このメールは、全額返金宣言の申請が完了してから12日後に届いた。今回は年始に申請したので、通常期ならだいたい1週間から10日ぐらいで届くんじゃないかな?

返金申請の手続きは、メール内のURLをクリックして行なうよ。

「クーポンコード」は後ほど使うので、クリップボードにコピーしとこう。

申請ページにログインする


全額返金宣言の返金申請ページに切り替わるので、EPARKのアカウントで「ログイン」する。

「申請フォーム」に必要事項を入力する


「申請フォーム」に切り替わるので、すべての項目を埋めて行く。

レシートのアップロードは任意だけど、なるべく分かりやすくするために、アップロードした方がいい。住所欄も同様ね。

一番重要なのは、先ほどメールで受け取った「クーポンコード」を忘れずにコピペすること。

また、覚えておきたいのは、

全額返金宣言における返金先は、EPARK独自の「キャシュポ」ではなく、この画面で指定した銀行口座となる。

ってことだね。

キャシュポに全額返金されるのではない。あくまでも指定した口座に全額返金される。

オレみたいに、キャシュポの運用方法でアレコレ作戦を練ってる人は気を付けた方がいいよ。オレはこの事実を知らずに作戦をミスったからさ_| ̄|○

最後に「送信する」をクリックすると…


内容に間違いがないことを確認し、個人情報の取り扱いについての同意にチェックを付けてから、一番下の「送信する」をクリックする。

返金申請が完了する


この画面には、返金時期は3〜4週間て書いてあるけど…、

返金申請受付完了メールが届く


直後に届いたメールには「返金時期は追って連絡する」と書いてある。

どっちが本当なのかな?

楽しみに待とうw

スポンサーリンク

気になる記事はシェア!あとでじっくり読む!

お好きなブログリーダーで購読できます!