例の事件から3年経ってようやく公式サイトに追記されたっぽいのでちょっくらイジってみっか


割引券を使って、カタログハウスすなわち通販生活で買い物をした。

その代金を「au WALLETカード」のようなプリペイドタイプのカードで支払うと、割引分は具体的にいつ反映されるのか?

約3年ぶりに公式サイトを眺めてたら、この問題に対するカタログハウスの公式見解が追記されてたのを発見したので、この機会にイジっとくわ。

スポンサーリンク

おかげさまで当サイトが検索1位を獲得w


「カタログハウス au wallet」というキーワードでググると、当サイトの以下の記事が事実上、検索結果の一番上に表示される\(^o^)/

カタログハウスとau WALLETカード事件

断っとくけど、Googleにお金を渡すような裏技なんか一切使ってないよ。すべて、この記事を検索し、クリックしてくれた皆様のおかげですm(_ _)m

ちなみに公式サイトは2位なw

いつの間にか公式サイトに追記されてる


で、その検索2位の公式サイトを覗いてみると、au WALLETカードがどうとかこうとかゴチャゴチャ書いてある。

要点を整理すると、

割引券を使った場合は、いったん割引前と割引後の金額を重複して引き落とす。

で、後日、割引前の金額を返金する。

返金までの日数は、最大60日かかる場合がある。

ってことね。なんか、ひでぇ内容だなぁw

つーか、少なくともオレが例の事件に遭遇した当時は、こんな親切な記述はなかったから、全部自力で電話賃と時間をかけまくって調べまくった。これからカタログハウスで買い物をする人が羨ましいww

2倍以上の金額をチャージしとく必要がある

ちょっと具体的に考えてみよう。

例えば、2018年1月1日に10%の割引券を使って1万円の買い物をしたとするね。

割引前の金額は税込み1万800円で、割引後の金額は同じく9720円だから、合計すると2万520円になる。

これに標準的な送料の350円を加えた計2万870円がau WALLETカードから、いったん引き落とされる。

つまり、割引を効かせてちゃんと買うためには、本来必要な9720円の2倍以上もの金額を事前にチャージしとく必要があるってことなんだね。

返金の時期は、一番遅くて60日後だから、同年3月2日までに、割引前の金額の1万800円が、当時支払いに使ったau WALLETカードに返金される。

てことは、その1万800円は、事前にチャージしたにもかかわらず、1月じゅうも2月じゅうも使えない、ってことなんだね。痛い。

せめて金利をつけて返して欲しいぐらいだわw

それでも懲りずに検証とかw

同じくプリペイドタイプの「LINE Payカード」で支払った場合はどうなんかね? やっぱau WALLETカードの場合と同じ挙動なんだろうか?

検証してみたいけど、また同じようなトラブルに巻き込まれるのは気が進まないなぁ。

ま、でも、次回カタログハウスで割引券を使える機会があったら、LINE Payカードで実験してみよ!ww

スポンサーリンク

気になる記事はシェア!あとでじっくり読む!

お好きなブログリーダーで購読できます!