VHSと8ミリテープをDVDにダビングしてみた【完結編】


何十年も放置してきたVHSと8ミリテープをDVDへダビングする話の続きをお届けしまーす。

え? いい加減もう飽きた?

これが完結編だから許してw

以前の工程が気になる人は、

VHSと8ミリテープをDVDにダビングしてみた【申し込とみ支払い編】

VHSと8ミリテープをDVDにダビングしてみた【テープ発送と到着編】

VHSと8ミリテープをDVDにダビングしてみた【ダビング編】

VHSと8ミリテープをDVDにダビングしてみた【返金処理編】

の記事をご覧下され!

スポンサーリンク

完成したDVDは封筒で届く


予定よりもずっと早くDVDへのダビング作業が終わり、待望の完成品が届いた!

「取扱注意」のシールが2枚も貼ってあるけど、入れ物は単なる封筒な(^^;;

クロネコメンバーズになってると事前に連絡が来る


ちなみに、荷物はクロネコヤマトで届く。

なので、事前にクロネコメンバーズに会員登録しとくと、荷物のお届け予定日を知らせてもらえて助かるよ。

お届け時間帯は自分で指定できる


荷物の配達時間帯は指定されてない。

クロネコメンバーズになってる人なら、自分で配達時間帯指定を指定できるよ。

いざ開封の儀w


荷物はシンプルな封筒で届いたけど、完成したDVDや返却されたビデオテープはプチプチでしっかりと梱包してあり、当然だけどまったく損傷はない。

DVDは1枚ずつケースに入ってる


最終的にダビングできたテープは計7本。DVDは1枚ずつシンプルなケースに入ってる。

ケースにはメモ用紙や付箋なんかを挟めるようになってるので、目印を付けやすい。

もちろんオリジナルテープも戻って来るよ


テープはテープ、DVDはDVDと分けて梱包してある。

バーコードを見ながら整理すると便利


DVDを受け取ると「どのDVDがどのテープの?」ってなる。

テープとDVDにはバーコードが貼ってあり、それぞれが1対1で対応してる。つまり、バーコードを見ながら整理すると、ラベル付け作業なんかがしやすい。

VHSも無事にダビングできた!


無事にダビングできたのはいいけど、戻ってきたオリジナルテープの処分はどうしよう? やっぱ捨てるしかないかな?

同封の納品書も確認しとこう


ダビングできなかったテープはなぜダビングできなかったのか? その理由がちゃんと書いてあって、とても分かりやすく、納得もできる。

どうやらオレの場合は、カラのテープを2本も送っちゃったみたいだな(^◇^;) 余計な仕事を増やしてスミマセン。

最終的な請求金額は2971円


ん?「クーポン割引」? そんなのあったんだ(^^;;

再生できないこともある


完成したDVDは、できれば2種類以上の機器で再生できることを確認した方がいいみたいだね。

オレの場合はまだDVDプレイヤー1台でしか再生してないけど、7本すべてちゃんと見られてるので、よしとする。

ダビングにかかった時間と費用のまとめ

ダビングにかかった時間

  • 申し込んだ日 2017年9月9日(土)
  • 納品予定日 2018年2月1日(木)
  • 実際の納品日 2017年12月5日(火)

まとめると、

  • かかる予定だった日数 145日
  • 実際にかかった日数 87日

なんと、予定より約2カ月も早く納品された!

おかげで、年末年始の上映会(?)に間に合ったわw

ダビングにかかった費用

  • 見積もり時のダビング料金 3820円
  • ダビング工房への送料 570円
  • ダビングできなかった2本分の返金 −849円
  • ダビングできなかった返金分の振込手数料 172円
  • ポイントサイトの還元ポイント −1050円相当

てことで、

  • 実際にかかった費用 計2663円
  • ちゃんとダビングできた本数 7本
  • 1本あたりの実質的なダビング費用 約380円

安い!

ダビングしてよかった!

ズバリ、やってよかった。

画質云々よりも、何十年も前の思い出が蘇る。綺麗事でも何でもなく、この事実がとても嬉しい。何物にも変え難い。

また、今回の一連のやり取りを通して「想い出ビデオDVDダビング工房」のサービス提供元である「ソルトワークス」って会社は「ちゃんとしてるなぁ」という印象を受けた。

こんなに早く安くちゃんとダビングしてもらえて、本当によかった!

古いテープが再生できなくて困ってる人は、ぜひ利用を検討してみてね!

スポンサーリンク

気になる記事はシェア!あとでじっくり読む!

お好きなブログリーダーで購読できます!