予約待ちの群れを出し抜いてiPhone Xを今日明日じゅうにApple Storeで受け取る裏技に唖然とした


誤解のないように言っとくわ。

この記事のタイトルに「予約待ちの群れ」って書いたけど、何を隠そうオレもその1人だからね!

オレもまんまと出し抜かれた側の1人

なんだよ!

だから、こういうタイトルをつけたからってディスるなよw

スポンサーリンク

iPhone Xの「購入」をタップする


今回の手順はApple公式アプリ「Apple Store」でもできるんだけど、アプリをインストールするのが面倒臭いんでw、今回はブラウザでやるわ。ちなみにiPadのSafariだよ。

素直に「選択」をタップする

買いたい色をタップする

「在庫状況を確認」をタップする


ここがポイント!

「容量を選ぶ」の画面に切り替わったら、各容量の下部の表示をよーく見てね。

「Apple Storeでの受取」の後ろが「在庫状況を確認」ていうリンクになってたらそれは「今なら店頭に在庫がありますよ」という意味な。

一方「Apple Storeでの受取」の後ろが「現在ご利用いただけません」ってなってたら、店頭に在庫はない。別の色にするか、あるいは大人しく次のチャンスを待とう。

郵便番号欄をタップし…


「iPhoneの在庫状況」という画面に切り替わるので、左上の「郵便番号」欄をタップする。

郵便番号を入力し「検索」する


自宅や職場など、主な立ち寄り先の郵便番号を入力し、ソフトキーボードの「検索」キーをタップする。

「続ける」をタップする


すると、在庫があるApple Storeが上から近い順に一覧表示される。

iPhone Xを受け取りに行けそうな店舗をタップしてから、右下の「続ける」をタップしよう。

実はこの画面は、2017年11月5日(日)午後11時15分頃に撮ったものなんだけど、よく見ると「Apple 表参道」で「受け取れる日」が「明日」になってるでしょ?

つまりこのまま手続きを進めれば、翌11月6日(月)にはiPhone XをApple Store 表参道の店頭で受け取れるってことなんだね!

オレみたいに、

え? 生真面目に事前予約したのに2〜3週間待ちとか何ソレ?

みたいな、拍子抜けというか愕然とするレベル…。

「バッグに追加」する


画面が切り替わったら「バッグに追加」する。

ここでも「Apple Storeでの受取」が「明日 Apple 表参道」ってなってるね!

「バッグを確認」する


アクセサリを勧められるが不要なので、そそくさと「バッグを確認」する。

「注文手続きへ」をタップする


ここでも「Apple Storeでの受取」は「明日 Apple 表参道」ってなってる。これで間違いない!確かに明日、iPhone Xを店頭で受け取れる!

これでよければ「注文手続きへ」をタップしよう。

受け取る時間帯も選べるよ


全部のスクリーンショットは撮れなかったけど、注文手続きの途中で、iPhone Xを受け取る時間帯を選べるんだね。これなら昼休みとか会社帰りにも立ち寄れそうで便利だな!

いつ在庫が復活するかはナゾ

ネット上のウワサによると、Apple Storeの店頭在庫は、毎日深夜零時と午前6時の1日2回、更新される、というか補充されるんだってね。

でも、さっきも書いたように、オレがこの手続きをしたのは午後11時過ぎだったんだよな。

ネット上のウワサが正しいとすれば、余りにも長時間、在庫が残ってたことになる。それはちょっと信じ難い。

となると、在庫補充のタイミングは正確には分からない。

ちなみに、真夜中3時30分頃に覗いたときは、すでに在庫はなくなってた。

なので、上記のウワサは参考程度に知っておくといいかも知れないね、というレベルかな?

そうだ!後1つ大切なことがあるんだ。

iPhone Xの事前予約をした人がこの手口に切り替える場合は、店頭受取の手続きが完了した後に、忘れずに事前予約分をキャンセルしとこう!

スポンサーリンク

気になる記事はシェア!あとでじっくり読む!

お好きなブログリーダーで購読できます!