送料を値上げした代わりに新たな割引を複数投入したクロネコヤマトはゆうパックよりも安いのか?


ご存知の方も多いと思うけど、とうとう、

10月1日。宅急便の値上げをいたしました。ご理解とご協力を、お願いいたします。|ヤマト運輸

…てことになったね。

苦しくなったから値上げをする…。

誰も何も突っ込みようのない、至極真っ当な理由ですけど、それでいいんでしょうか…?

ま、それはともかく、結局のところ、同じ宛先に宅配便で荷物を送るんだったら、どのサービスが安いんかね?

具体的に言うと、宅配便はクロネコヤマトとゆうパックとどっちが安いんだろうね?

今回は仮に、大きさ80cm(=20cm+30cm+30cm)、重量3kg以下の荷物を、東京から兵庫の実家へ1個だけ発送するものとし、おなじみ「送料の虎」で送料を計算してみたよ。

スポンサーリンク

クロネコヤマトで送る場合

何も努力をしないでそのまま送ると1231円。

アレコレこねくり回してようやく計792円になる。

アレコレこねくり回せば439円安くなる

「クロネコメンバーズ電子マネーカード」に専用の電子マネーを5万円分、事前にチャージし、それで送料を支払い(=クロネコメンバー割)、営業所に荷物を持ち込んで(=持込割)、「ネコピット」という端末で送り状を印刷して(=デジタル割)、届ける相手に営業所まで荷物を取りに来てもらう(=宅急便センター受け取りサービス)。

…と書いてるだけで、疲れてきた^^;

この場合の割引金額をまとめると、

  • クロネコメンバー割 最大15%オフ(今回は-185円)
  • 持込割 最大-150円
  • デジタル割 -50円
  • 宅急便センター受け取りサービス -54円

計439円

となる。

ここまで努力し、相手にも協力してもらって、ようやく計439円の割引を獲得できるという感じな。

最終的な送料は、

割引前の送料1231円−割引金額439円=割引後の送料792円

となる。

ゆうパックで送る場合

何も努力をしないでそのまま送ると1070円。

ところが、これが割と簡単に計890円になるんだよね。

たったこれだけで180円安くなる

コンビニや郵便局に荷物を持ち込み(=持ち込み割引)、過去の発送伝票を持参・提示し、実家など過去1年以内に荷物を送ったことのある場所に再度荷物を送る(=同一あて先割引)。

たったこれだけ。

割引金額をまとめると、

  • 持ち込み割引 -120円
  • 同一あて先割引 -60円

計180円

となる。

今回のケースで使える割引の種類はこの2種類のみだけど、たったこれだけで180円の割引を獲得できるのはありがたいな。

最終的な送料は、

割引前の送料1070円−割引金額180円=割引後の送料890円

となる。

これからはゆうパック×ローソン×LINE Payカード?

割引前は、

  • クロネコヤマト 1231円
  • ゆうパック 1070円

ゆうパックの方が161円安い

割引後は、

  • クロネコヤマトで送る場合 792円
  • ゆうぱっくで送る場合 890円

クロネコヤマトの方が98円安い

てな感じで、徹底的にやればクロネコヤマトの方がゆうパックよりも98円安くなるんだね。

でも、何も努力しなくても1000円ちょっとで送れるゆうパックって、なかなかスゴイんだな。

ところでクロネコヤマトの場合だけど、さすがに相手に最寄りの配送センターまで取りに行ってもらうのは気が引けるので、実際の送料は54円ほど高い846円になりそう。

となると、

あんだけアクセクやったのに、ゆうパックよりも44円しか安くないのか…。

と、愕然することになりそう。

だったら、

最初っからゆうパックで送った方が気楽じゃん!

てことになりそうだなぁ。

それに、ゆうパックはローソンから発送すれば、支払い方法は「現金」「各種クレジットカード」「電子決済」「QUOカード」が選べるしな。

特に、クレジットカードで支払えるのはオレ的にはナイス。LINE Payカードなら2%還元だからね。

また、なんかのキャンペーンでもらったクオカードは意外と使い道に困るもの。宅配便の送料に使えれば、クオカードが死蔵せずに済むしな。

ゆうパック受付|ローソン

まぁ、送料の高い安いだけじゃ決められないかもしれないけど、これからは宅配便を送るときはローソンに出向き、ゆうパックの伝票に記入し、送料はLINE Payで支払おうかな?

スポンサーリンク

気になる記事はシェア!あとでじっくり読む!

お好きなブログリーダーで購読できます!