LINEのチャットで脱力系の手書き風スタンプを送信したい人はいませんか?

LINE-icon
「テク」というほどでもないけど、これから紹介するテクは、AndroidでもiPhoneでも同じように使えるよ。

設定方法は多少違うけど、AndroidでもiPhoneでもやり方はほぼ同じだから、誰でも迷わずに楽しめる…と思う。

今回はAndroidでの設定方法を紹介するね〜。

スポンサーリンク

ナニコレ? 手書き? どうやるの?

LINEの友達から、いきなりこんなメッセージが届いた!

エッ? コレって手書き? ンン、いや、ちょっと待てよ。もしかしたらこういうスタンプなのかな!? それとも、手書き風フォントをどうにかしたの? エ、エ、一体何なのよ?

つーか、どうすればこういうのを送信できるんかね?

普通はこんなのしか出ない…


とりあえず相手のマネをしたくてw、自分のLINEのチャット画面に普通に文字を入力してみたけど、それっぽい文字はどこにも表示されない。

……。

こうなったらいつものようにヤマカンでw 設定しちゃうぞ〜!

手書き風スタンプの設定方法

LINEの設定画面を開く

「Chats」をタップする


設定画面に切り替わったら「Chats」をタップする。

あ、いつもスミマセンが、オレのスマホは表示言語をEnglishに設定してあるもんで、こんな風に表示されております。

よく分からない場合は、アイコンを参考にしながら、それっぽい設定項目w をタップしてね。

「Display Suggestions」をタップする


Chatsの設定画面に切り替わったら「Display suggestions」をタップする。

この「Display suggestions」てのが、今回のテクのポイントな。

この「Display suggestions」てのは、

入力した文字に基づいてスタンプや絵文字を表示する機能

なのか。フーン。初耳。

「Display suggestions」が初めから「On」になってる場合はそのままでオーケーだけど、念のため以下の手順を確認しとこう。

右端のチェックボックスをタップする


「Display suggestions」の画面に切り替わったら、右端のチェックボックスをタップする。

「Languages」をタップする


「Display suggestions」のチェックボックスにチェックを付けると、そのすぐ下に「Languages」という項目が出現するので、続けてそれをタップする。

「English」と「日本語」をタップする


Languagesの画面に切り替わったら、使いたい言語の右端の矢印をタップして、その言語の手書き風スタンプをダウンロードする。

今回は「English」と「日本語」の2言語を選択したよ。言語は全部で9種類ある。

緑色のチェックが付いてることを確認する


手書き風スタンプのダウンロードが完了した言語は、画面の上の方に移動するとともに、右端チェックボックスの色が緑色に変化する。

これで、手書き風スタンプを使う準備はすべて完了。再びチャット画面を開こう。

手書き風スタンプが送れる!


後は、任意の文字を入力するたびに、画面の上の方に専用の表示領域が出現し、ひらがなやカタカナ、アルファベットなどが色違いで数種類表示されるので、好きなものを送信しよう。

1文字ずつ送信したい場合は、

  1. 1文字入力する
  2. 手書き風スタンプをタップする
  3. 送信ボタンをタップする

という順番で操作を繰り返せばオーケーだよ。

脱力系スタンプだけじゃなく、ポップな絵文字も送れる。いろいろ試して遊んじゃおう!

相手にはこう見える


さっきの繰り返しになるけど、1文字ずつ送れば相手にはこう見える。

もちろん「なつだネ!」みたいに、普通に連続したフレーズを送ることもできるので安心してね。

ウザイ文字は削除しようw


こういうユニークな文字を送ってくれた相手には大変申し訳ないんだけど、大量にやり取りすると「チャット画面を占領しちゃって会話の流れが見えにくい」みたいなこともある。

そういう場合は、文字の長押しで、邪魔な「メッセージを削除」しちゃおう。

チャット一覧でひときわ存在感を放つテク

例えばこんな感じで送信すると…

チャット一覧でかなり目立つ


LINEて、最後に送ったメッセージはチャット一覧画面に表示されるようになってるでしょ?

メッセージを普通の文字で送ると、チャット一覧の中では地味で目立たないけど、今回紹介した手書き風スタンプでメッセージを送ると、チャット一覧でもかなり目立つ。

余裕があったら遊んでみてね!

スポンサーリンク

気になる記事はシェア!あとでじっくり読む!

お好きなブログリーダーで購読できます!