高価な化粧品を約半額で買えて久々に感動したベルコスメに逆の意味で感動させられた話


以前「ベルコスメ」という、全品送料無料の化粧品通販サイトを利用したら久々に感動したので、思わずこんな体験談を書いちゃった。

全品送料無料!特典併用上等!1万円の高級化粧品が約半額で買えちゃった話

本当によかったよ、ベルコスメで買って。化粧品はおトクに買えたし、おまけに色んなポイントまで付けてもらっちゃったし。ウソじゃないよ、本当に。

ただし、このメルマガが届くまではね…。

スポンサーリンク

気味の悪いメルマガが届くw


ある日、ベルコスメでもらったポイントの有効期限が迫ってきたことに気付いた。

セコイオレは、どうにかしてそのポイントを有効期限内に消化しようと思い、ベルコスメのサイト内をブラついてたんだよね。

そしたらなんと!

その日の晩になって、ベルコスメから「この度はご来店ありがとうございました」的なメルマガが届いて、かなりビックリした。

単なる偶然?

ベルコスメの名誉のためにあらかじめ断っておくと、その日、ベルコスメから届いたメルマガには「本日は〜」とは一言も書いてない。

「本日は〜」と「この度は〜」では、まったく意味が違う。

実は、ベルコスメのメルマガは、オレがベルコスメで初めて買い物をした日から毎晩のように届いてる。

だから、この日届いたメルマガも、通常業務の一環なのかも知れない。むしろ、その可能性の方が高い。

ベルコスメ側としては、通常業務の一環として「いつもありがとうございます」的な気持ちを込めて「この度は〜」と書いたんだろう。

そう思ったよ。最初はオレもね。

でも、ちょっと待てよ。

ベルコスメから届いたメルマガをあらためてよく見てみると、その日オレが閲覧した商品、具体的に言うと「歯磨き粉」が並んでるジャマイカ…。キ、キモッ!

そう言えば、オレは確か、ベルコスメのマイページにログインした状態で商品を物色したっけなぁ。なので、オレが何を閲覧したかなんて、簡単に調べられるじゃん…。

つまりベルコスメは、

オレが今、歯磨き粉のような商品に興味があるということをしっかりと把握した上で、こうした意味深なメルマガを送って来てる。

ってことなんだよな。

プロモーション的には当然?

この手の話は、もちろん聞いたことがあるよ。あるでしょ?

マーケティングというのかプロモーションというのか。サイト利用者の閲覧履歴に基づいて、オススメ商品をお知らせするみたいな手法があるってことは、よく知ってる。

まさにブログの広告なんかは、検索履歴に基づいて表示されることがあるから、そういう意味では、こういう手法は特に違和感はない。

でもね…。

実際に「今アナタが何に興味があるか知ってますよ」もっとハッキリ言えば、

今日アナタが何を閲覧したか全部知ってますよ〜

的なメールが自分のところに「直接」届くと、かなりゾッとするもんなんだね。

自分が体験してみて、初めて実感したよ。

商売って奥が深い?

この気味悪さをベルコスメにどう伝えるべきか? 素直に「もしもしベルコスメさん、ちょっとやり過ぎですよ」と言っていいもんかなぁ?

それとも、あえてフィードバックしない方がいいのかなぁ?

ベルコスメがおトクなサイトだけに悩むなぁ。

素人のオレが商売について云々するのはお門違いなのは分かってるけど、ベルコスメに限らず、何事もやり過ぎってよくないんだね〜。

ほんのちょっとのさじ加減なんだけど、商売ってやっぱり難しいんだな〜w

あ、有効期限の迫ったポイント、どうしよう?ww

スポンサーリンク

気になる記事はシェア!あとでじっくり読む!

お好きなブログリーダーで購読できます!