パナソニックの目もとエステがたくさんあって選び切れないので型番についてサクッと整理してみた


突然だけど、パナソニックの目もとケア機器「目もとエステ」って、いろんな機種があるんだね!

新機種、旧機種、上位機種、Web限定版みたいな感じでたくさん選択肢があって、どれを選べばいいのかサッパリ分からない…。

少しでも手がかりが欲しくて、目もとエステの型番を軽〜く調べてみたよ!

スポンサーリンク

ポイントは3、6、7、8桁目

目もとエステの型番は、フルに表記すると以下のような形式になってる。ハイフンを除くと全部で8桁あるんだね。

EH-CSWxyz

アレコレ調べた結果、どうやら赤い太字で強調してある4文字、つまり「左から3桁目のC、同じく6桁目のx、7桁目のy、8桁目のz」の部分が、機種の違いを見分けるポイントなんじゃねーの? みたいなことが少しずつ分かってきた。

ちなみにその他の部分、つまり「EH-SW」の部分は、目もとエステの全機種に共通してるのでムシして構わない。

まずは左から順番に見て行こう。

3桁目の「C」は付属バンドの色が本体と同じ色

型番の左から3桁目、つまりSWの前に「C」がついてる機種は、付属のバンドの色が本体と同じ色という意味な。

バンドの色が本体と異なる機種は、型番にこの「C」が付いてない。

本体と同色のバンドが付属する主な機種は以下のような感じになってるよ。

  • EH-CSW30-P
  • EH-CSW53
  • EH-CSW54-P
  • EH-CSW54-T
  • EH-CSW65

6桁目の数字はシリーズ番号

今のところは3、5、6、0シリーズがある。

基本的には、6桁目の数字が大きいほど上位シリーズってことになるみたいだね。

ただし0シリーズのみ特殊で、0シリーズは5シリーズのWeb限定モデルという位置付けなんだってさ。決して、機能が一番ショボいという意味じゃないので誤解しないでね。

7桁目の数字が大きいほど新しい機種

3シリーズと5シリーズは、7桁目が「0」から始まるけど、6シリーズはいきなり「5」から、0シリーズは「1」から始まる。

また、3シリーズは「1」の次はいきなり「5」に飛んでるね。

7桁目の採番ルールはぶっちゃけよく分からない。

8桁目のアルファベットは本体色

W:ホワイト
P:ピンク
N:ゴールド
T:ブラウン
S:シルバー
H:グレー

本体色は全部で6色あり、カラバリは以下のような感じで機種ごとに決まってる。

  • 30-P/S
  • 31-T
  • 35-N
  • 50-P/S
  • 51-P
  • 52-H
  • 53-P
  • 54-P/T
  • 55-P
  • 65-W
  • 01-P
  • 02-H

ご覧の通り、欲しい機種が決まったら、色は基本的には選べない。だけど「50」や「54」のように色が選べる機種もわずかながら存在するんだね。

現行品は3機種のみ!

ただし生産終了品でも、運良く在庫が残ってれば、まだまだ手に入る可能性はある!

価格.com – パナソニックの美容器具 価格の安い順

3シリーズはコンパクトで持ち運びがラク


30 生産終了品
31 生産終了品
35 現行品

5シリーズはアロマタブレットが使える


50 生産終了品
51 生産終了品
52 生産終了品
53 生産終了品
54 生産終了品
55 現行品

6シリーズは使用後に目元がしっとり潤う


65 現行品

0シリーズは5シリーズのWeb限定モデル

01 生産終了品(51のWeb限定モデル)
02 生産終了品(52のWeb限定モデル)

安い型落ちが狙い目?

オレはあえて生産終了品の「EH-CSW54-P」を、今から3カ月前の2017年7月に買った。

そのときの価格は約9500円だったんだけど、現在はなぜか1万2500円ぐらいに高騰してる。人気があるのかも知れないけど、この機種を買うのはちょっと待った方がいいのかな?

生産終了品をわざわざ高値で買うよりも、安く買うに越したことはない。

当たり前だけど、実売価格を観察し続け、安くなった時点で買うのがよさげだね!

スポンサーリンク

気になる記事はシェア!あとでじっくり読む!

お好きなブログリーダーで購読できます!