ENEOSでんきよりも割高だけどトータルでちょっとトクしそうなLooopでんきに申し込んでみた!


ENEOSでんきからLooopでんきに乗り換えると、電気料金自体は値上がりするけど、アレやコレや、トータルで見ればちょっとトクすることが分かってた。

ENEOSでんきにして1年以上過ぎたことだし、そろそろLooopでんきにでも乗り換えてみっか?

ってことで、早速申し込んでみたよ!

スポンサーリンク

Looopでんきの申し込み方法


ポイントサイトのハピタスで、Looopでんきの案件詳細ページを開いて「参加する」をクリックする。これがいわゆる「ポイントサイトを経由する」ということだよ。

なお、この手順をスッ飛ばすとポイントはもらえない。ポイントが欲しい場合は、くれぐれもポイントサイトを経由するのを絶対に忘れないようにしよう!

「お申し込み」をクリックする


Looopでんき公式サイトのトップページが開くので、後は普通に新規契約を申し込めばオーケーだよ。

「同意する」にチェックを付ける


オレは引っ越しはしないので「現在のお住まいで〜切り替える場合」をクリックする。

電気の検針票的な情報を用意しとこう

ENEOSでんきの契約情報を見ながら…


オレは、ENEOSでんきの検針票なんて持ってない。てか、そもそもそんなのないんじゃね?

仕方がないので、ENEOSでんきのマイページにログインし、オレの契約情報を見ながら、Looopでんきの申し込み手続きを行なうよ。

ENEOSでんきの契約情報を入力する


この画面には、現在の(=乗り換え前の)契約内容を入力してね。オレの場合はENEOSでんきの契約情報な。

この中で唯一、パキッと判断できなかったのは「現在のお客様番号(契約番号)」。

ENEOSでんきの契約情報ページには「お客様番号」と「ご契約番号」がそれぞれ別物として書いてある。これをどう判断すればいいか迷ったので…、

不明な項目はLooopでんきに電話で訊こう


夜8時まで営業してて、地味に助かった(^^)

結局、

ENEOSでんきの場合は、お客様番号でもご契約番号でも、どちらでも好きな方の番号を入力して下さい。もしも入力した番号が間違ってたら、後日、Looopでんきから連絡が入るので、そのときに修正すれば契約上は問題ない。

との回答を得た。おかげで安心して申し込めたよ。

ちなみにオレは、ご契約番号の方を入力しといたけど、どうなるかな?

契約者情報を入力する


この画面には、特に迷う部分はないんじゃないかな?

すべて入力し終わったら、この画像では見えないけど、一番下にある「次へ」をクリックしてね。

申込者情報を入力する


な、何ィ?「紹介者コード」とか「キャンペーンコード」とか「プロモーションコード」てのがあるのかッ!? それは初耳!ジッとしちゃおれん!

「紹介者コード」をググってみたら…


ドンピシャな企画をあっさりと発見しましたw

紹介者コードを使わせていただきまーす!


紹介者コードは、今回のようなポイントサイト経由の申し込みと併用できるかどうかはナゾというか、書いてないというか、完全に賭けだけどw、ありがたく使わせていただきました!

クレジットカード情報を入力する


この時点ですでに、オレ固有の「会員ID」が発行されてるのな。

すべて入力したら「この内容を保存」をクリックする。

「上記の内容で送信する」をクリックする


契約するプランは「おうちプラン」しか選べないんだね。デフォルトでそうなってるし。

内容に間違いがないことを確認してから「上記の内容で送信する」をクリックしよう。

「No」をクリックする


オレはChromeを使ってるんだけど、突如こんな画面がポップアップした。

キモイので「No」をクリックw

申し込みが完了する


Looopでんきの申し込みはこれにて完了。スグにメールが届くので…、

確認メールのURLをクリックする

メールアドレスの認証が完了する


これで、Looopでんきのマイページを使う手続きも完了したことになるよ。

後は、Looopでんきからの連絡を待とう。

ポイントサイトに反映される


後日、もらえるべきポイントは、ハピタスのポイント通帳に記帳された。これでちゃんとポイントサイト経由で申し込めたことを確認できた。ひと安心だな。

不安要素が2つある

申し込んだはいいけど、以下のような心配事がある。

  1. 入力したお客様番号(=契約番号)は合ってるのか?
  2. ポイントサイトと紹介者コードの特典は併用できるのか?

1は、もし間違ってたら連絡が来るので、それに対応すればいいだけの話。あまり心配はない。

問題は2だよなぁ。

1000円のクオカードのために1万ポイントがフイになるか? あるいは、その逆だったらまぁ許せるけど、今回はENEOSでんきの違約金が1080円も取られるので、できれば1000円のクオカードもいただきたいところではある。

いずれにしてもドキドキするぜ!

スポンサーリンク

気になる記事はシェア!あとでじっくり読む!

お好きなブログリーダーで購読できます!