カネ食い虫のおんぼろ車は今すぐ売っ払うべきか? それとも修理して乗るべきか? それが大問題だ


1993年から「ルノー・キャトル」に乗り始めて、今年で24年目になる。

これまでは、故障した部分だけを、その辺のガソリンスタンドとかに修理してもらい、騙し騙し乗ってきたんだけど、いよいよ本気で修理してもらわないと、安心して普通に乗れなくなりそうな雲行きになってきた。マズイ…。

スポンサーリンク

ガチな修理は30万円!?

キャトルの扱いに長けてそうな修理工場をようやく探し出し、実際に足を運んでみた。

その場でザックリと修理費用を見積もってもらったら、

今30万円ぐらいかけて修理しとけば「修理した部分に関しては」この先10年ぐらいは安心して乗れそう。

的な見通しを得た。

仮にこの先10年乗れたとしても、どうせ修理した「以外」の箇所が故障するだろうから、プラスアルファの修理費は必要になるだろうけど、このキャトルの専門医(?)のお言葉を信じるのであれば、修理することで安心して乗り続けられそうな雰囲気ではある。

たまたまその場に居合わせた常連さんも、この専門医は良心的だし、腕も確かだと言う。

この時点で、修理をお願いしたい気持ちは85%ぐらい。残りの15%は予算との兼ね合いかな?

修理期間は約2カ月。てことは、受け取りは9月か。その間は不便だけど、幸運にも代車を貸してもらえたので、日用品の買い物とかもどうにかなりそうだしな。

カーシェアだと10年で100万円

キャトルの修理に30万円もかかるのかぁ…。そんだけあれば金歯3本も入れられるやんか…。

たそがれたオレの頭に浮かんだのは、お約束のカーシェアリングな。

カーシェアの主要4社で、月額費用を試算してみた結果が以下の一覧。試算条件は詳しく書かないけど、できる限り統一したよ。

  • タイムズカープラス 9888円
  • careco 9360円
  • オリックスカーシェア 6750円
  • アースカー 5440円

この中でオレが実際に利用できそうなのは、タイムズカープラスぐらい。なので、仮にキャトルを売り払い、カーシェアに切り替えたとしたら、毎月、車にかかるコストは約1万円となる。

1年で12万円。仮に10年間カーシェアを利用したとしたら単純計算で120万円。

キャトルの売却代金が仮に20万円だとすると、約100万円になる。

キャトルに乗り続けると10年で200万円!?

一方、キャトルに乗り続ける場合はこれまで通り、駐車場+保険+車検+税金をオレが直接支払う必要がある。

明細を書くのは省略させてもらうけど、こうした必要経費は10年間で約180万円ぐらいかかる。

それに今回の修理費30万円を加えると、維持費は200万円を越える見通しに…。

アレコレ悩むまでもない。キャトルを10年維持するよりも、カーシェアに切り替えた方が安上がりなのは、言わずもがなだったね…。

もうちょっと悩んでいい?

ということで、両者の差は100万円となった。

この100万円を、好きな車に乗るための趣味料とするか、単なる贅沢料と捉えるか?

10年間で100万円の差ということは、1年間で10万円。1カ月あたりにすると約8300円。1日あたり約277円の贅沢かぁ。

あぁ、こういう日割り計算をしてること自体が、負担額を小さく見せかけて、自分の判断を正当化しようとしてる証拠なんだよなぁw

本当に堅実な人は「10年間で100万円の差」と聞いた起点で、速攻カーシェアに切り替えるだろうから。

でも、まだ何か釈然としない。何だろ? 自分でもよく分からんので、もうちょっと悩みますww

スポンサーリンク

気になる記事はシェア!あとでじっくり読む!

お好きなブログリーダーで購読できます!