トークントークンてしつこいのにそこは異様にアッサリしてるジャパンネット銀行普通預金の解約方法


ジャパンネット銀行ね、ジャパンネット銀行。JNB。

使い方によっては便利なのかもしれないけど、オレの場合はほとんどメリットを感じられなかった…。

さ、解約だな。

スポンサーリンク

普通預金口座の解約方法を確認する


ジャパンネット銀行の普通預金口座の解約方法は「よくある質問」にちゃんと書いてある。ログインせずに誰でも読めるよ。

普通預金口座の解約について教えてください。

この回答の中にある「口座解約」のリンクをクリックし…、

解約時の注意事項を熟読する


解約前の準備から手続き完了の確認方法まで、重要なことがこと細かに書いてある。

オレはこれまで、様々なアカウントを解約しまくってきたけど、ここまで丁寧に書いてあるケースはかなり珍しい。

この注意事項をよく読み、自分に該当する項目はしっかりと励行しといた方が、解約手続きはスムーズに進むよ〜。

マイページにログインする


解約準備が整ったら、ジャパンネット銀行のマイページにログインしよう。

ワンタイムパスワードの画面は「確認して閉じる」

「各種手続き」の「口座解約」をクリックする


普通預金口座の解約を行なうには「各種手続き(登録・変更)」タブに切り替えてから「口座解約」をクリックしよう。

現在の取引状況がすべて「なし」なことを確認する


画面に表示されてる内容を確認し、画面を下へスクロールする。

実はオレの場合は「現在のお取引状況」の中の某取引が残ってたんだよね。すっかり忘れてた…。

そうなると、まず先にその取引を解約してからじゃないと、普通預金口座を解約できない。

仕方なくその取引を先に解約したんだけど、結果、その取引の解約のためだけに、書類のやり取りで実に10日も余計にかかってしまい、今回の手続きは全体としてスムーズに行かなかったんだよね…。

ジャパンネット銀行で何らかの取引をしてる場合は、くれぐれも時間に余裕を持って解約手続きをすることをオススメします。

アンケートに協力し「確認」をクリックする


オレはとりあえずアンケートに協力したけど、上の画像の通り、アンケートに一切回答しなくても一番下の「確認」ボタンは押せるようになってる。このあたりは個人の良心と判断にお任せします。

最後に「解約」をクリックすると…


手元のトークンを見ながら、そのディスプレイに表示されてるワンタイムパスワードを入力し、最後に「解約」をクリックすると、解約手続きが完了する。

アレ? 確かさっき、ログイン直後の画面で注意されたよな?「操作中にワンタイムパスワードは入力するな」って…。自己矛盾? それとも、この画面は不正な画面じゃないから問題ないのか? ま、いっか。もう解約しちゃったしw

解約手続きが完了する


この画面が表示されたら、普通預金口座の解約手続きは完了した証拠だよ。

もしかしたら利息が付いてるかも知れない。念のため「メッセージボックス」をクリックし、最終的な残高を確認してみよう。

利息を確認する

確認メールは読み捨てる

トークンとキャッシュカードはスグに破棄して構わない


手元のトークンに表示されるワンタイムパスワードが必要となる取引は、上の画像の通り。

しかし、口座解約後に実際にいくつかの取引をしようとしてみたんだけど「口座がありません」などの理由で、いずれの取引も行なえなかった。

従って、手元のトークンはもう捨ててしまっても問題はないよ。

また、キャッシュカードも使えないので、各自治体が定める方法に従いちゃんと処分しよう。

ログインアカウントは念のためキープしとこう

普通預金口座の解約手続きが完了しても、その後1カ月は引き続きマイページにログインし、過去の取引明細などを閲覧できる。

つまり、マイページへのログイン用アカウントだけはまだ使えるので、念のためログインできなくなるまで保存しとこう。

オレの場合は、解約から1カ月後は2017年7月14日(金)となる。この日が来て、本当にログインできなくなったら、アカウントを削除すればオーケーってことだな。

そのときが来たら、また更新しますね。

スポンサーリンク

気になる記事はシェア!あとでじっくり読む!

お好きなブログリーダーで購読できます!