ホームページとかブログをやるようになって20年が過ぎたのでこのブログのシステム環境をまとめとこうっと


まだダイヤルアップ接続が当たり前だった時代にホームページをやり始めてから、早いもんでかれこれ20年ぐらい経ったのかな〜?

これまで一度も、自分がやってるホームページやブログのシステム要件を整理したことはなかったんだけど、それってある意味、幸せなのかも。だって、システム要件をまったく(笑)意識しなくても、それほど致命的なトラブルに遭遇しなかったんだからさ。

だけど、人気のテーマとか、互換性に若干不安のあるプラグインを常用するようになってからというもの、どうしてもシステム要件に敏感にならざるを得なくなったんだよね。つーか、ブログ運営者としては、それが当たり前だわな。反省。

てことで、当ブログの動作環境というかシステム要件を、今さらながらにまとめとくね。

スポンサーリンク

レンタルサーバー

ミニバード

  • PHP 5.6.30(PHP 7.1.2やPHP 7.0.16も選択可能)
  • MySQL 5.0.95

ブログシステム

WordPress日本語版 4.7.5

推奨環境
  • PHP 7以上
  • MySQL 5.6以上またはMariaDB 10.0以上
推奨はしないが動作はする環境
  • PHP 5.2.4以上
  • MySQL 5.0以上

推奨環境と非推奨環境の違いは、

  • 公式サポートの対象は推奨環境のみ
  • 非推奨環境のブログはセキュリティの脆弱性にさらされるおそれがある

の2点なんだって。フム。

WordPressテーマ

Simplicity 2.5
  • WordPress 4.1以上
  • PHP 5.4以上

互換性に注意が必要なWordPressプラグイン

WP-Appbox 4.0.15
  • WordPress 3.4以上
  • PHP 5.4以上
  • WordPress 4.7.5との互換性は100%(作者による評価)

ブログをやってる限りバージョン沼からは抜け出せない

実はこの記事を書こうと思ったのは、

WP-Appboxはこうした環境でちゃんと動くのか?

ということがよく分からなかったからなんだよね。

WP-Appboxは、さまざまなアプリストアへのリンクを見栄え良くするためのプラグインなんだけど、WordPress最新版への対応状況がぶっちゃけかなり遅め。しかも作者さんによる互換性評価が100%になるのは珍しい。

要するに、作者さんがWP-Appboxがバージョンアップしたとしても、実際にオレらがアップデート作業をするかどうかは、慎重に見極める必要があるよと。そうしないと、

え?ブログが開かない!? WordPressのプラグインがエラーになった場合の対処法

…みないなことが起こる可能性がありますよと。

まぁそれだけのことなんだけどな。

ミニバードのMySQLのアップデートは未確定

後ひとつ気になる点があるとすれば、ミニバードのMySQLのバージョンのことかな?

現在はMySQL 5.0.95なので、これが5.6以上になってくれたら嬉しいんだけどな。

この件でミニバードに質問してみたら速攻で返信があった。スゲェ。しかも内容が丁寧。

ミニバードにおいて、MySQLのアップデートは検討を進めている段階であり、現時点(=2017年6月8日(木))では予定等の確定はいたしておりません。

WordPressの動作環境についてはお客様のご指摘の通りでございますが、セキュリティリスクの前例より、MySQLのバージョンに起因して脆弱性が発生するという可能性はやや低いものと存じます。

※どちらかというと開発環境や、パフォーマンスの点での推奨環境という意味合いが強いかと存じます。

これらの状況なども鑑みたうえで前向きに検討を進めてまいりたく存じます。

ご不明な点がございましたら、お気軽にお問い合わせください。

どうぞよろしくお願い申し上げます。

結論的には、MySQLのアップデートは未定ってことなので、ま、期待しないで待ちましょう。

もしもオレと同じような環境でブログをやってる人がいたとしたら、何かの足しにしてもらえると幸いで〜す。

スポンサーリンク

気になる記事はシェア!あとでじっくり読む!

お好きなブログリーダーで購読できます!