管理するものがやたらと多くてアレだったイオン銀行の解約方法【店舗篇】


イオン銀行の普通預金口座の解約方法は、

  • 店舗
  • 郵送

のどちらかを選べる。

今回は、せっかくなので両方やってみることにしたw

郵送篇は以下の記事をどうぞ!

管理するものがやたらと多くてアレだったイオン銀行の解約方法【郵送篇】

スポンサーリンク

残高はオールゼロ!一括解約するよ

オレが持ってるイオン銀行のキャッシュカードは、クレジットカードと電子マネー「WAON」も一体になった「イオンカードセレクト」という多機能なヤツ。

各サービスの残高やポイントは、とにかくすべて消化済み。なくって困るようなものは一切残ってない。

  • イオン銀行 口座残高なし
  • クレジットカード 利用残高なし、ときめきポイントなし
  • WAON 電子マネー残高なし、WAONポイントなし

聞くところによると「イオンカードセレクトは、クレジットカードだけをやめて、銀行口座とWAONは残す」みたいなこともできるみたいなんだけど、オレは面倒臭いのが嫌い。今回は銀行口座、クレジットカード、電子マネーのすべてをまとめて解約する。

持って行く物を準備する

残高がゼロ円の場合は3個

  • イオン銀行のキャッシュカード
  • 本人確認書類(運転免許証など)
  • キャッシュカードの4桁の暗証番号

残高がある場合は4個

  • イオン銀行のキャッシュカード
  • 本人確認書類(運転免許証など)
  • イオン銀行に届け出済みの印鑑
  • 残高を振り込んでもらう銀行名と口座番号

残高がゼロ円の場合は印鑑を持参する必要はない。キャッシュカードの4桁の暗証番号があれば、店舗に備え付けの専用タブレットを約10回タップするだけで簡単に口座を解約できる。

残高がある場合は、手数料無料で指定の銀行口座に振り込んでくれる。残高を振り込んで欲しい銀行の口座番号などをチマチマとメモして行くのが面倒臭い場合は、その銀行のキャッシュカードを持参した方が手っ取り早いよ。

ちなみに、イオン銀行のネットバンキングで使う乱数表「イオン銀行ダイレクトご利用カード」は、残高の有無に関係なく、店舗に持参する必要はない。

今回は残高がゼロ円なので、物理的に持参するのはキャッシュカードと本人確認書類の2個のみ。暗証番号はもちろん脳ミソの中なw

解約手続きが可能な店舗を調べる

口座の解約手続きは、イオン銀行スタッフが常駐してる店舗のみで行なえる。

そうした店舗を探すには、イオン銀行サイト内の、

店舗・ATM検索

のページを開き「条件から検索」で、

「店舗」にチェックし「エリアを選択」の上で「検索」しよう。

目星をつけた店舗に足を運ぶ

公式サイトの説明によると、イオン銀行の店舗の営業時間は、

土曜・日曜、祝日はもちろんのこと、年末・正月三が日やゴールデンウィークを含めて、毎日午前9時から午後9時まで営業しています。

ってことなんだけど、店舗の業務内容によっては営業時間が微妙に異なる。実際に店舗に出向く際は、その店舗で口座の解約手続きが可能か? ということと、店舗に行こうとしてる日の営業時間を事前に確認してから足を運んだ方が無難だよ。

口座を解約したい旨を伝え、スタッフの指示に従う

店舗に到着したら、親切そうなスタッフを探しw、声をかけよう。

後は、スタッフがアレコレ指示してくれるので、大人しく従えばいい。

手続きの控えを受け取る


解約手続きが完了すると、A4サイズの控えがもらえる。

そこに「総合口座解約」と書いてあれば、ちゃんと普通預金口座を解約できた証拠だよ。

スタッフに声をかけてからこの控えを受け取るまでにかかった時間は約5分。

ちなみに、イオンカードセレクトの場合はキャッシュカードにクレジットカードも付いてるので、銀行は破棄してくれない。

つまり、キャッシュカードはその場で店舗から返却されるので、後で自分で破棄しよう。

ここまで終わったら店舗を後にしよう。

ついでにキャッシュカードが使えないことを確認する


でもちょっと待って!

せっかく店舗に足を運んだので、時間に余裕のある人は、解約手続き完了直後に併設のATMで残高紹介でもして、キャッシュカードが無効になってることを確認しとこう。

ATMから出てきた利用明細に「お取扱いできません」的なメッセージが印字されればオーケーだよ。

ここまでやったら、イオン銀行の店舗に用はない。さよなら、イオン銀行。

イオン銀行にログインできないことを確認する


インターネットのイオン銀行へのログインを試みて、ログインできません的なエラーが出たら、口座の解約手続きは無事に完了してる証拠な。

不要になった4個のアイテムを破棄する

イオン銀行のアカウントはゴミ箱に移動する


イオン銀行のアカウントは、愛用のパスワード管理アプリなどから削除しよう。

物理カードはハサミを入れ、適切な方法で処分する

イオン銀行ダイレクトご利用カードも切り捨てる

暮らしのマネーサイトの退会はちょい面倒臭い

クレジットカードの明細などを見るために必要な「暮らしのマネーサイト」の退会は、イオン銀行の口座解約とは連動してない。

つまり、同サイトを2度と使わないのであれば、自力で退会する必要がある。

クレジットカードの明細などを見る必要がなくなったら、以下の方法で暮らしのマネーサイトを退会しよう。

暮らしのマネーサイトを退会する

退会方法を確認する


暮らしのマネーサイトを退会するには、イオンスクエアメンバーの退会手続きを行なえばいい。ややこしいな。

それはともかく、暮らしのマネーサイト内にある以下のページを開き「イオンスクエアメンバーの登録情報の変更」のリンクをクリックしよう。

イオンスクエアメンバーの退会方法を教えてください。

暮らしのマネーサイトにログインする


暮らしのマネーサイトにログインせよと指示されるので、素直にログインする。

「退会」をクリックする


「イオンスクエアメンバー会員情報の変更」的なページが開くので、下の方にある「ID退会」の右端の「退会」をクリックする。

「確認画面に進む」をクリックする


退会したい「ログインID」にチェックを付けてから「確認画面に進む」をクリックする。

最後に「退会する」をクリックする


この画面で「退会」をクリックすると、退会手続きが完了する。

退会手続きが完了する

確認メールは読み捨てて構わない

暮らしのマネーサイトにログインできないことを確認する


暮らしのマネーサイトにログインを試みて2度とログインできなければ、退会手続きは無事に完了してる証拠だよ。あと1歩!

アカウントを削除する


暮らしのマネーサイトのアカウントは、パスワード管理アプリなどから削除しよう。

イオンカードセレクトを持ってる場合のイオン銀行の口座解約は、これにて一件落着。

お疲れさま!

スポンサーリンク

気になる記事はシェア!あとでじっくり読む!

お好きなブログリーダーで購読できます!